更新日: 2011-07-20 10:54:35

障害を持つ恋人を親に紹介する時のポイント

著者: ぱんな

編集者: ぱんな

閲覧数: 509

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by blmurch

結婚の報告をしたいけど、反対されないか心配……。

STEP1 【二人で相談】

結婚はお互いの気持ちが大切ですから、障害のある・なしで決める事ではないでしょう。ですが、実際に二人で生活を送るにあたっては、助け合って行かなければいけない事もあるでしょう。具体的にどんな風に生活を送っていくのかなど、これからの生き方について、二人で結論を出していれば、自信を持って話しに行くことが出来るでしょう。

STEP2 【健康について】

結婚相手は、健康な人であって欲しいもので、親もそう思っている事でしょう。障害を持っていても、健康な人はたくさんいます。障害に限らず、病弱だったり、持病があったり、少しのハンデを抱えている人は多くいることでしょう。そんな人達を、中には不健康と決め付けてしまう人もいるかもしれません。そんな時は、ハンデを乗り越えて健康に生活しているということを伝えられると良いでしょう。

STEP3 【事前に説明】

いきなり会って障害の事を伝えると、びっくりしてしまいプラスに考えられなくなってしまう親もいることでしょう。差別という訳ではなく自分の知識のない事には、誰しも驚いてしまうことがあるでしょう。前向きに報告を聞いてもらう為に、事前に話しておくのも良いでしょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

73

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ぱんな

ぱんなです☆

得意ジャンルは、料理、生活、趣味、に関する事などなど。最近は、デジタルライフにもちょっと詳しくなりました。
イラストを描くのも好きな...