更新日: 2011-07-18 10:17:50

簡単に”保冷材”代わりに タオルを凍らせて利用する方法

著者: bottle-gourd

編集者: bottle-gourd

閲覧数: 17702

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by scarty

暖かい時でも、お弁当や食品などを冷やしておけば傷まず安心です。

しかし保冷バッグや保冷箱はあるけれど、肝心の保冷材が無い、なんてことも。

保冷材を買うべきか、それとも氷で代用するべきか・・・そんな時に、身近なタオルが簡単に保冷材代わりになります。

STEP1 。○ 氷タオルの作り方 ○。

1.お好みのサイズのタオルを水でぬらし、しぼります。
雑巾を絞るように、ふつうにギュッとしぼって大丈夫です。

2.絞ったタオルをきれいにたたみ直し、冷凍庫にそのまま入れます。
自分の使いやすいサイズにたたむのがコツです。

3.カチンカチンに凍ったら完成です。

STEP2 。○ タオルのサイズについて ○。

小さなハンドタオルを使えば、お弁当などちょっとしたものを冷やすのに便利です。
フェイスタオルを使えば、クーラーボックスなど大容量のものを冷やすのにも便利です。

STEP3 。○ 氷タオルの利用方法 ○。

保冷材と同じように、冷やしたいものと一緒に入れるだけです。

氷タオルが溶けても、湿ったタオル状態になり、水がこぼれ落ちる事もありません。
溶けた後は、ふきん代わりに利用することもできます。

気になる場合は、氷タオルをあらかじめビニール袋などに入れて使えば安心です。

まとめ

お弁当などの保冷に使うだけでなく、暑い時のクールダウンや、熱が出た時の氷代わりなど色々な用途に使えて便利です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

94

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
bottle-gourd

暮らしの豆知識、食べ物などの情報を中心に、デジタル情報やビジネス、エンタメ情報など、幅広く記事を作成しています。

食いしん坊ですので、多少食べ物の投...