更新日: 2011-07-19 00:25:06

バーベキューでおいしく豪華に節約できる調理ワザ

著者: sonorac

編集者: sonorac

閲覧数: 3856

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by shinji_w

楽しいバーベキューですが、焼肉用のお肉を一通り買い揃えると意外と費用がかかる上にメニューがマンネリ化してしまうことが多いものです。節約しながらおいしく注目を集める食材調理のアイデアをご紹介。

STEP1 スパイス技を上手に利用

いつものお肉も、スパイス次第で目先も変わり、おいしさも倍増します。
おすすめのスパイスは、荒挽き黒コショウ、ガーリックパウダー、チリペッパー、ドライオレガノ、カレーパウダーなど。
普通のウインナーに黒コショウとチリペッパーをまぶしておけば、辛口チョリソーに。
鶏もも肉には、黒コショウ、ガーリックとドライオレガノでハーブチキンに。
そのほか、イカやラム肉にもスパイス技を使ってみましょう。

STEP2 漬け込み技で柔らかジューシー

豚や牛のモモ肉などは、値段が安い分、堅くて焼肉には不評のことが多いでしょう。
そこで、前日に漬け込み技を使います。
タマネギのすりおろしとサラダ油でマリネしておいてください。
これで焼くときには驚くほど柔らかに。
急ぐ時には1時間前にベーキングパウダーをまぶしておくだけでも柔らかくなります。

また、ヨーグルト+カレー粉に漬け込むタンドリーチキン、ヨーグルト+醤油+しょうがのすりおろしに漬け込むジンジャーポークなども試してみてください。

STEP3 焼き鳥にも一工夫

箱売りの冷凍のスチーム済みの焼き鳥は値段も安くお手軽ですが、飽きてしまうことも多いかもしれません。これを3つに分けて一工夫。

・通常の塩コショウで焼く。
・みりんと醤油をまぶしておく。焼くときに一味をかけます。タレバージョンですね。
・タイ風サテーにする。ピーナツバター+ナンプラー+ココナッツミルクを混ぜたものに一晩つけて置きます。南国風の甘しょっぱい味。

STEP4 ホイル焼きも活躍

白身魚や貝類などは、うまみを逃さないホイル焼きがおすすめ。
例えば・・・
・サーモン+きのこ+醤油
・イカ+タマネギ+オリーブオイル
・白身魚+トマト+バジル+チーズ などなど。

二重にしたホイルにふわっと包み、焼肉が一段落した頃に網に載せておきましょう。
ゆっくりつつきながら、お酒も飲めます。

STEP5 かたまり肉でゴージャスに

特売の時にかたまりのままの豚バラや牛ヒレ、ラム肉などを買っておき、塩コショウをすりこんで冷凍しておきましょう。
バーベキュー前夜または当日朝に冷凍庫から出し、そのままクーラーボックスで保冷材代わりにします。
現地についたころちょうど解凍できていればベスト。
これは網の隅のほうに載せておき、焼けた部分からナイフで削ぎ切りにして少しずつ食べていきます。
ワイルドで注目集めちゃいますね。

まとめ

その時に安い食材や、買い置き食材も上手に利用して、バーベキューを楽しみましょう。
このような一工夫したメニューは、大勢で食材を持ち寄るときにも大好評まちがいなしですよ。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

64

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
sonorac

手抜き料理、節約料理が得意。ハンドメイド好き。