更新日: 2011-07-17 01:58:23

Webデザイナーの感性を磨く3つの習慣

著者: pu4214

編集者: pu4214

閲覧数: 1867

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by nhayashida

Webデザイナーは、HTML等のスキル以上に「芸術的センス・感性」が求められる職業です。感性を磨くための「3つの習慣」をご紹介致します。

STEP1 Webデザインの雑誌を定期購読する

Webデザインの雑誌が、いくつか発売されています。書店で「自分に合った雑誌」を見つけられたら、その雑誌を定期購読してみましょう。「時代に沿ったWeb業界の話」を中心に、参考になるデザインのWebサイトも掲載されています。Webデザインに関する書籍も多く出版されておりますし、そちらを見るのも重要なことですが。雑誌というものであれば「手軽に読める」というのがあるので、忙しい合間の休憩時間に見るだけでも、「新しい情報と感性」を吸収することが可能です。

Webデザイン雑誌のひとつ「Web Designing」です。
http://book.mycom.co.jp/wd/

STEP2

Webデザインの総合情報サイトやメールマガジンから情報を得る

Webデザインの総合情報サイトには、最新技術情報やお勧めサイトが掲載されています。Webデザインに特化せず「IT業界の動向」を知るためにも見ておきたいものです。もしサイトをチェックする時間が無い場合はメールマガジンであれば定期的に「抜粋された情報や注目サイト」が届きます。

Webデザインとグラフィックの総合情報サイト
「エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ」です。
http://www.mdn.co.jp/di/

雑誌「Web Designing」の編集部が発行しているメールマガジンです。
http://book.mycom.co.jp/wd/mm/

STEP3 様々なWebサイトを毎日たくさん見る

多くのWebサイトを見ていると、少しずつではありますがデザインへの感性が磨かれていきます。そしてサイトからアイディアを吸収したり、刺激を受けることになります。例えば「20サイト毎日必ず見よう!」と目標を立ててそれを日課にすれば、1カ月で約60サイト1年で7,300サイトと出逢うことが可能です。それはデザイナーとしての感性やセンスを身につける上で非常に重要な「出逢い」になります。

まとめ

Webデザインに限らずデザインは、「知識だけでなく感性が重要である部分」もかなりあります。そしてWebデザイナーは、IT技術の進化にも目を向けなければなりません。Webデザインに必要な「感性・スキル・知識」。これらを習得していく自然な方法が上記の3つとなります。是非実践してみてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

73

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
pu4214

好きなジャンル:
ファーストフード・病気・健康・
法律関連・各種資格講座・
行政業務関連・写真・カメラ・
ファッション・観光地…



幅...