更新日: 2011-07-11 21:55:25

面接での自己PR方法

著者: けみすと

編集者: けみすと

閲覧数: 900

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by DrabikPany

<まず、事前に準備>

やっと会社の面接にたとりついても、面接をクリアしなければ、採用には至りません。
そこで、面接の最も基本である自己PRに関して、簡単に説明したいと思います。

STEP1 <相手(会社)をよく知る>

 まず、入社したい会社の社歴・社長(のコメント)・商品・サービス等を調べて理解します。人間で言うと、出身地・性格・育った環境を知ることです。相手(会社)が、どういう会社なのかをよく知って、相手がどんな性格(どんな会社)を予想します。

STEP2 <会社の好みのタイプを知る>

 次に募集要項をよく見ます。どんな人(能力・資格等)を必要としているか、よく理解します。必要な人(歓迎スキル)を細かく書いてある程、それに合う人が欲しいということです。

STEP3 <相手の好みに合わせてアピール!>

 最初に会社のことを理解した上で、募集要項にのっとった自己PRをします。募集要項に合わない人は、余程のことが無い限り(強力なコネなど)、合格しません。営業なら、営業力があることをPRします。内容は、小さなことでもOKなので、じっくり自分のやってきたことを思い出してください。少なくとも面接官には自信がある面を(オーバーでも)出さないと、難しいです。ただ、内定が欲しいがために、自分を大きく見せすぎたり、偽りの気持ちを言って、運よく内定が得られても、仕事が続かないので、注意しましょう。
要は、相手が好まれるようなお気に入りの自分の点をしっかりアピールして下さい。(嘘は厳禁。人事は見抜く上に、入社後に自分が苦しみます)

まとめ

 まず会社を調べて、会社の性格を理解します。古くからある会社で、長年のヒット商品があるなら、古風で年功序列的な会社では?などです。若くて変化の激しいIT業界等では、真逆ですね。
 会社の性格が分かったら、募集要項を見ます。何を期待しているのか、募集要項には書いてあります。営業経験3年以上なら、それが必須だと思ってください。ただ、20代であれば、可能性で面接にたどり着けることもあるので、必要な経験がなくても、それに準ずる、またはそうと期待させることを、うそで無い内容で書くと良いでしょう。例えば営業経験はなくても、人と接することが好きで、いろんな部署・社外の知り合いが多いなどです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

80

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

 会社について、よく調べること→募集要項を見て、それに合うような自分の経験・実績をまとめる→面接では、堂々と会話することです。

Middle 5835209035 ab2ca7f638 m