更新日: 2011-08-15 15:41:03

上手なデートプランの立て方

著者: deuxmagots

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 2939

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by smashmedia

デートは相手が喜んでくれるのが目的だし、相手が喜んでくれればこっちもハッピーになり、お互いハッピーになれます。ということで、まず相手が喜んでくれるようなプランを立てることがデートの大前提になります。
その大前提に立ってデートプランを立てますが、大事なポイントがあります。

STEP1 デートのメインイベント

映画を見て、ごはん食べて、ショッピングして、展望台で夜景をみて、と、いろんなイベントをプランに盛り込むのはいいですが、これではパックツアーのようで、それなりに喜んでもらえるでしょうけど、盛り上がりどころが見出しにくいです。プランを遂行することが目的化すると、なんだか楽しさが半減することがあります。プランは盛り込みすぎないほうがいいです。

そこで、まずメインイベントを決めます。「前から話に出ていた映画を観に行く」「スイーツがおいしいと噂のカフェに行く」「いっしょに洋服を買う」など、メインを決めます。

STEP2 メインイベントを決めたら

デートに誘うとき、彼女にそれを伝えましょう。

メインイベントがはっきりしていると、彼女もデートに行く動機を見出しやすくなります。また、どんなデートになるのかおよそ見当がつくので、彼女に安心感を与えられるし、楽しみにしてもらえます。メインイベントにあわせて、ファッションも決めやすくなります。

さらにメインイベントがはっきりしていると、「前に話していた映画でも観に行かない?」と、初デートも誘いやすいものです。

STEP3 相手にも伝えたら

あとはデートのときまでに、プランを肉付けします。

メインイベントを中心に組み立てればいいので、簡単でしょう。
映画鑑賞がメインだったら、そのあとにカフェでお茶かレストランで食事、時間があればウィンドウショッピングしながら散歩、など一応プランを立てておきます。サブイベントになる、カフェやレストランは、必ずあたりをつけておきましょう。

ちなみに、スイーツのお店は知っておいたほうがいいです。女性は必ず喜びます。

STEP4 デート当日

メインイベントは相手も了解済みなので、問題なくクリア。その後のサブイベントは、あたりをつけていたスポットへ、さりげなく誘導します。「近くにおいしいスイーツのあるカフェがあるけど、行かない?」などという感じで誘います。

大事なことは、サブイベントでは柔軟に対応すること。カフェに誘おうと思ったら、「ちょっとあのお店の洋服見たいんだけど」といわるかもしれません。そうしたら、相手にあわせてデートプランを変えていきます。

デートプランが狂ったとあわてないことです。メインがクリアできていればデートとしては成功。あとは彼女の意見を取り入れながら、デートを楽しみましょう。

まとめ

メインイベントをはっきり決めておくことで、デートは成功します。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する