知らなかった!が見つかるサイト | OKWAVE Guide

更新日: 2011-07-05 21:10:36

山芋や長芋で手が痒くなる時の対処法

著者: bottle-gourd

編集者: bottle-gourd

閲覧数: 220860

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by zenjiro

山芋や長芋をすりおろしてトロロにしたら手が痒くなってしまった、ということがあります。
段々と赤みを帯びたり、無性に痒くなったり、とても辛いものです。

なぜ痒くなるのか、痒くなったらどうすればよいかを解説します。

STEP1 なぜ痒くなるの?

山芋や長芋の中に含まれるシュウ酸ナトリウムという成分が原因です。
その成分はとがった針状の結晶をしており、そのトゲトゲとした成分が肌につくことでチクチクしてかゆくなります。

特に暖かい時期は痒み成分が多く含まれるので、夏場は痒くなりがちです。

STEP2 痒くなってしまったら

痒くなったところをお酢やレモン汁などで洗うと痒みがなくなります。

痒くなったところにお酢などをつけて、こするようにモミモミした後、水で洗い流します。
塩でのもみ洗いも効果があります。

その後さらに、温かいお湯に手をつけると痒みが引きやすくなります。

STEP3 事前に予防する方法

水で薄めた酢を手につけてからすりおろすと痒くなりにくいです。

かゆくならない為には、本当は肌に直接触れないようにするのが理想的です。
手袋をしたりビニールで包む方法もありますが、皮をむいてからすりおろす場合は滑ってうまくできません。

長時間すりおろす場合は、手元に酢水を入れた容器を置いておき、時々手につけながら作業すると良いでしょう。

まとめ

ご飯やお蕎麦にかけたり、お好み焼きなどにも入れるトロロ。
とても美味しいものですが、口の周りについただけでも痒くなる事があります。
痒みの出やすさには個人差があります。
肌が敏感な方は、皮膚になるべくつかないようにしながらトロロの味を楽しみましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

719

sasablogさんのコメント

2014/05/14 05:29:43

シュウ酸ナトリウムではなくてシュウ酸カルシウムです。
(シュウ酸ナトリウムは水溶性です)

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
bottle-gourd

暮らしの豆知識、食べ物などの情報を中心に、デジタル情報やビジネス、エンタメ情報など、幅広く記事を作成しています。

食いしん坊ですので、多少食べ物の投...