更新日: 2010-09-28 06:06:55

圧力なべで時短、節約をする

著者: 豆柴モモ

編集者: 豆柴モモ

閲覧数: 296

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

ちょっと高めでも圧力なべがひとつあると、時短、節約が簡単にできます。

STEP1 基本は鍋に材料をいれてフタをしたら、強火で沸騰。

沸騰してフタ部分から蒸気がでて、くるくる回り始めたら火を弱めて数分。
その後火を止めてそのまま置いておく。

STEP2 カレー・シチュー

固めのお肉も柔らかくなります。
じゃがいもなどはやわらかくなりすぎるくらいなので大き目に切ります。

STEP3 おでん・煮込み

しっかり味が入ります。
一旦沸騰させて弱火で煮込んだ後、そのまま冷却。

煮込み料理は冷えるときに味がしっかり入ると言われています。
大き目に具材を切っておくほうがいいです。

STEP4 下ゆで

煮豚やとりハムを作るときにも短い時間でやわらかく仕上がります。

STEP5 玄米ご飯

玄米ご飯や雑穀米も美味しく炊けます。
ネットなどでも炊き方が出ていますから参考にしてください。

まとめ

ガス代がぐっと安くなり、料理にかける時間も短くなります。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

76

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
豆柴モモ

埼玉在住の「豆柴モモ」です。

・メーカー勤務
・メルマガライター
・行政相談業務
・ミステリーショッパー

などなど経験。「知識は浅く広く...

必要なもの

圧力鍋