更新日: 2011-06-09 16:42:05

崩さずに食べられるおにぎりの作り方

著者: melampodium

編集者: まきむぅ

閲覧数: 2505

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

手作りおにぎり。
あったかいご飯に、パリッとしたのりを巻いて食べるとおいしいですね。
でも、のりを巻いて食べると、ぼろぼろと三角のおにぎりの形が崩れてくることがありませんか?
では、ラップを巻いておいて、しっとりさせて食べるしかないのか?

いやいや、ぱりぱり海苔を巻いても崩れないでおにぎりを食べる方法があるんです。
海苔の巻き方にコツがあります。

STEP1

普通の正方形の海苔を用意し、あぶったあと、対角線に切って2等辺三角形にする。

STEP2

2等辺三角形に切った海苔を逆2等辺三角形に置き、海苔の底辺に角を上にして、三角おにぎりをのせる。おにぎりの角は1cm程度海苔から飛び出させておく。

STEP3 おにぎりの下の海苔を折りたたむ。

おにぎりの底辺、左右の順で。最後の右は下の海苔よりちょっとずらし、ご飯にはりつくようにする。

まとめ

この方法だとなぜか、おにぎりが崩れないで食べることができます。
それにお店で売っているおにぎりのように、海苔からご飯の頭が出てかわいいですよ。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

41

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

三角形のおにぎり 海苔