更新日: 2011-07-01 20:22:35

天体望遠鏡なしで子供も大人も≪天体観測≫を楽しむ方法

著者: momopylove

編集者: momopylove

閲覧数: 1889

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by livepine

天体望遠鏡がなくても、夜空を見に出かけませんか。
夏休みの思い出にファミリーや、恋人同士のおデートにおすすめします!
天気が良ければ、満点の星、天の川、流れ星を見ることができます。

STEP1 【準備するもの】

※すべてを用意する必要はありません。

・レジャーシート

・段ボール

・シュラフ(あれば)

・毛布(寒いとき)

STEP2 【条件】

・時期はお盆のころがベスト(8月13、14、15日)

・峠や丘の上、ちょっとした山間部などの高い場所

・天候が良好であること

・周りにはできるだけ灯りがない所

STEP3 【楽しみ方】

・シート上ややシュラフにくるまって、寝転がるだけです!

・天の川や流れ星を肉眼で見ることができます。

・場所によっては、移動している衛星を目撃できます。
 (衛星の形までは見えません。ゆっくり動いてる星のようです)

STEP4 【注意点】

・地域や場所によっては、「熊」などの動物が出没する可能性があります。
 事前にネットや役所で確認していく事をおすすめします。

・地域によっては、お盆のころは夜になると、気温が下がりますので
 毛布や防寒具をもっていく事をおすすめします。

・近くにトイレがないこともあります。
 事前に済ませておきましょう。

まとめ

◇ アメリカの田舎の家庭では8月の13日、14日に一年で一番流れ星を
  見ることができると言われています。
  
  気軽に自宅のドライブウェイに寝転んで、家族で夜空を眺める家庭が
  とても多いです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

93

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
momopylove

料理・掃除・旅行・英語関係の投稿が好きです。

私自身は温泉♪ ドライブ♪ カラオケ♪ 読書♪ 映画鑑賞♪ 食べること♪ が大好きです。

最近で...