更新日: 2011-06-24 19:46:37

季節にあった帽子の活用法

著者: ace0821

編集者: ace0821

閲覧数: 1596

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by apiachun

「ファッションセンスは磨きたいけれどもお金がかかる」そんな考えの方はいませんか?シンプルなデザインから派手な物、暖かいニットもあれば紫外線から肌を守る麦わら帽子もある、時にぼさぼさ頭を隠して助けてくれるという「帽子」の、人をおしゃれに見せる方法を伝授したいと思います。

STEP1 帽子を使ってオシャレの幅を広げよう

帽子を持っているだけでおしゃれの幅が広がります。シンプルな服装の時に派手な帽子を一つ加えるだけで全体の印象が変わるのです。派手な服装の時は逆にシンプルな帽子を被ります。この法則を守れば地味すぎたり派手すぎるといったことがなくなり、まるでアクセサリーのようにおしゃれのワンポイントになります。

STEP2 季節にあわせた帽子をかぶろう

被る帽子は季節感を出すようにして下さい。季節を問わずニット帽を被っている人をたまに見かけますがあれは駄目な例です。気持ちを明るくさせる明るい色の帽子は春先に、まるで画家のようなベレー帽は秋から冬にかけて被るのがいいでしょう。面倒なことはありません。「自然」を意識していれば何も面倒なことはないのです。日本には四季があり、それを意識して服装を心がけると自然とセンスも良くなるものです。

STEP3 髪形が決まらない時は帽子をかぶろう

帽子は何十個もないといけない訳ではありません。季節、服装に合った物を自分で選んで被ってみて下さい。「どうしても髪型が決まらない!」そんな日も帽子を被ってしまえば変な頭に視線が向かうのではなく、決まってるな!と帽子に視線が向くことでしょう。

STEP4 ジーンズに帽子をあわせよう

ジーンズとTシャツ、ジーンズとTシャツと帽子、イメージして下さい。季節にあった帽子一つでぐんとおしゃれに見えます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

38

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する