更新日: 2011-06-24 18:53:20

「塩少々」と「塩ひとつまみ」の違い☆お料理上手になるポイント

著者: kiiin

編集者: kiiin

閲覧数: 256

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 桑詩達

「塩少々」と「塩ひとつまみ」の分量が違うってご存知ですか?
塩は少量で味が変わってくるので、
細かいことのようですが、しっかり計りたいですよね。
では、その違いを紹介します。

STEP1 ☆塩少々

まず、「塩少々」から説明します。
「塩少々」は、
「親指と人差し指の2本の指先で軽くつまんだ分量」
になります。
これは、小さじ1/8程度になります。

STEP2 ☆塩ひとつまみ

次に「塩ひとつまみ」は、
「親指、人差し指、中指の3本で軽くつまんだ分量」
です。
これは、小さじ1/5程度の量です。

STEP3 ☆補足

塩は、ほんの少し多かっただけで
すごく塩辛くなったりするので、
気をつけて計量したいですね。
塩だけでなく、材料はきっちり計って、
おいしいご飯を作ってください。

まとめ

これが一般的な量り方ですが、各家庭によってお好みの味などもあると思いますので、味見をしながら分量の調節を行ってください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

62

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する