更新日: 2011-06-24 12:38:48

自宅学習の教材の選び方

著者: kiiin

編集者: kiiin

閲覧数: 256

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by takamorry

子供に勉強をさせたいけれど、高価な塾は辛い。
自宅でやらせようと思っても、どんな教材を与えていいかわからない、
選べないという方へのアドバイスです。

STEP1 【基本】

自宅学習の基本は、無理なく進められることです。
しかし、どの教材がその子にあったレベルなのか、
書店でぱらぱらとめくっただけでは判り難いですよね。

STEP2 【ポイント】

そういった時ポイントになるのは問題のページではなく、
実は解答や解説のページです。
親御さんが読んで見やすいもの、
判りやすいと感じるものを選んであげましょう。

特に数学や理科といった科目の場合、
問題集であれば問題部分のページ数よりも
解答や解説に充分にページ数を割いているものほど、
使いやすい問題集といえます。

STEP3 【補足】

易しすぎると感じるようなものでも、
学年の最初に全体像を見渡すために使うのであれば
子供の負担も小さく、おススメです。
その場合2ヶ月程度で終らせるような
スケジュールを立ててあげましょう。

あとは次第に難易度を上げていきます。
1学年の内容を数回通してやれるような問題集選びをしてあげると、
特に有効です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

51

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する