更新日: 2011-06-24 12:07:30

授業ノートをキレイにとるコツ

著者: kiiin

編集者: kiiin

閲覧数: 528

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by MJ/TR (´・ω・)

ノートはその日の授業でやったことの整理、
テスト前の復習など様々なことに使うので、
しっかりとしたとり方をしたほうが良いですよね!

STEP1 【いいノートを作る秘訣】

まず定期テスト前に
自分が見直しやすいようなノートを作ることです。
なので、
「ぎちぎちに文字が埋まっている」や
「色ペンを全く使っていなくて見にくく、どこが重要かわからない」
「逆に色ペンの種類が多すぎで見にくい」
など色々あるので、見やすいノートをとるよう様々な工夫をしていきましょう。

STEP2 【工夫しましょう】

大事なところは色ペンで、またペンの種類は3色までとし、
それぞれ、最も重要、気付いたこと、プチ情報、
のように明確に分けることが必要です。

STEP3 【補足】

ノートというものは復習につかったり、予習したり、
と色々な使い方がありますが、
一番板書を写すスペースをたくさん取っておいたほうがいいですよ。
また、予習、復習ページなどが混合してしまわないようしっかりと区切り、
右上が予習スペース、左上が新出単語スペースなどしっかりわけて、
見やすいノートを作っていきましょう!!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

68

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する