更新日: 2011-06-09 16:38:21

ローンの落とし穴、元利均等と元本均等で返済額が違う!

著者: deuxmagots

編集者: まきむぅ

閲覧数: 3310

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by akiraak2

ローンには大きく2タイプあって、借入利率が年2回変動する「変動型」と、借入利率を一定とする「固定型」があります。この2つについては、銀行の担当者もよく説明してくれるし、どちらにするかは個人個人の考え方によると思います。
でも、意外となにも知らないまま決められてしまうローンの大事な選択肢があります。「元利均等返済」か「元金均等返済」かの選択です。

STEP1

元利均等返済は、返済期間を通じて、元本に利息を加えた1回の返済額が均等になるようにしたものです。借入金額、借入利率、借入期間をもとに計算し、毎月、一定の金額を返済する方法です。
返済金額が一定であることから返済しやすいというメリットがありますが、借入期間の半ばまで(借入利率により差はありますが)利息の返済が元金の返済額を上回るため、元本の返済ピッチが遅いというデメリットがあります。

STEP2

元本均等返済は、元本を均等に返済する返済方法のことをいいます。
1回当たりの元本返済額は、借入金額を返済回数で割った金額になります。元本均等返済は、元利均等返済に比して元本の返済ピッチが速いため、「総利息支払額が少なくてすむ」というメリットがあります。
実際には、はじめは返済額が多く、だんだん少なくなっていきます。

STEP3

以上、読んでもよくわからなかったかもしれませんが、ポイントだけおさえておきましょう。
①元利均等返済:毎月の返済額は同じ
②元本均等返済:はじめは返済額が多く(元利均等型より多い)、だんだん少なくなる

STEP4

ふつうに考えたら、毎月返済額が同じ元利均等型のがいいように思えます。でも、トータルの返済額で考えると、元利均等型のほうが高くなります。
なので、はじめはちょっときついけど、元本均等型にしたほうがずっとお得です。何千万も借りる住宅ローンでしたら、100万単位で変わってきます。
しかも、元本均等型は、毎月返済額が少しずつ減っていくので(変動型なら金利にもよりますが)、返済しがいがあります。
銀行の担当者は、こちらからなにも言わないと返済額が多くなる元利均等型で組もうとしますが(=銀行がもうかる)、まったをかけて、よ〜く考えたほうがいいでしょう。

まとめ

元利均等型よりも、元本均等型のほうが、ずっとお得です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

54

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する