更新日: 2011-06-29 18:25:19

長崎ちゃんぽん・皿うどんの起源のポイント

はじめに

Photo by 菓秀苑森長(かしゅうえんもりちょう)

長崎と言えば、「長崎ちゃんぽん」そして長崎「皿うどん」!!
その起源をご紹介します。

STEP1 【起源】

ちゃんぽん、皿うどんの起源は、長崎にある四海楼の初代陳さんが発明したと言われています。

STEP2

【皿うどんってどうみても「うどん」じゃないのにどうして皿うどん?】

皿うどんの元祖は、ちゃんぽん麺を炒めたものにあんかけ具をかけたものでした。
いわゆる「太麺皿うどん」です。]

それが、皿にのったうどんにみえたのでしょうね。
その後、調理にも手間がかからない揚げ麺と推移し
名前はそのまま残ったという説もあります。

STEP3 【翌日の皿うどん】

皿うどんが残ってしまった!
そんな時は、翌日までおいといて、パリパリ麺がふにゃふにゃ麺に・・

そのふにゃふにゃ麺を具ごとフライパンで炒めます。それもまた長崎の家庭の味です。
(翌日の皿うどん派がいるほど)

STEP4 【長崎では】

長崎ではお祝いの席に、大皿の皿うどんを食べることでも有名です。
また、長崎県民の締めは「ちゃんぽん」です。(人によりますが)

噂では、長崎県民は2日に一回は食べると言われています!!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

93

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

森長(もりちょう)おこしは、初代 森龍吉が寛政5年(西暦1793年)に創業し、現当主森長之(ながゆき)が6代目になります。
もりちょうの名の由来は4代目...