更新日: 2011-06-29 18:57:38

半熟生カステラの歴史のポイント

はじめに

Photo by 菓秀苑森長(かしゅうえんもりちょう)

菓秀苑森長の大ヒット商品、「半熟生カステラ」はいつから販売しているのでしょうか?

STEP1 【いつから販売?】

菓秀苑森長が半熟カステラ(ポンドロー)を発売したのは10年前になります。 2001年長崎の駅ビルアミュプラザの開店記念に発売を開始しました。 

当時は冷凍ではなく常温の生菓子で、名前も「生」や「半熟」でルーツそのまま、ポンドローという商品名で販売を開始しましたが、その後数年で流通の問題があり販売を中止しました。

STEP2 【生ブームの到来と冷凍物流革命】

2009年の空前の生ブームの到来で、森長でも各種生商品の試行錯誤を行っていたところ、「ポンドロー」が「生」であることに気づき、当時のレシピをアレンジし半年の研究期間を経て商品が出来上がりました。

また、10年前から格段に進化した冷凍技術と冷凍配送技術で全国配送を実現することができたのです。

STEP3 【今では5種類の販売】

シリーズ累計販売個数7万個!

味は定番のプレーンをはじめとして、
メープル
Wチーズ
まるごと!三ヶ日みかん
ショコラ
の5種類があります。

STEP4 【半熟生カステラ販売秘話】

発売日である2009年11月12日11時発売開始した本商品は、同日13時にMSNニュースに取り上げられたことをきっかけに、突然アクセスが集中し、注文が殺到し始めました。

その時のネット店長が一件一件お礼メールを返していくのですが、追い付かず、朝になっても注文が止まらず、当時勤めていた会社で有給を取って翌日1日中注文処理をしていたという、エピソードが残っています。

STEP5

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

95

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

森長(もりちょう)おこしは、初代 森龍吉が寛政5年(西暦1793年)に創業し、現当主森長之(ながゆき)が6代目になります。
もりちょうの名の由来は4代目...