更新日: 2011-07-06 18:43:36

サクッとカステラ☆カステララスクの作り方

はじめに

Photo by 菓秀苑森長(かしゅうえんもりちょう)

カステラの風味はそのままに、サクッとした食感が新鮮です♪

STEP1 【注目のカステララスク】

日テレ「思いっきりDON!」長崎国際放送「ひるじげドン!」でも紹介された森長のカステララスク。
本場の長崎カステラをオーブンで乾燥させた手間のかかった一品です。
しかも無添加無着色!

創業二百十余年の菓秀苑森長がお届けするカステラの新食感!
おやつに贈り物にぜひお試しください。

STEP2 【作り方】

(1)森長の長崎カステラを用意し、10枚にスライスします。

(2)ラスク専用の型にカステラを入れ、職人の手により食べごろの大きさに1枚1枚カットし、それを丁寧に一枚一枚鉄板に並べ、特注のオーブンで40分程度乾燥させて出来上がります。

(3)カステラの新食感「カステララスク」の出来上がりです♪ 水でもどすとどうなるか・・・・はぜひお試しください。

STEP3 【こだわり】

この薄さ!なんと手作業で切っています!
機械では、この繊細な作業ができないんです。

そのこだわりがあるからこそ、カステラの風味はそのままに、サクッとした新しい食感を実現しました。

STEP4 【開発秘話】

2006年暮れにカステラの切れ端をオーブンで焼いて、バターを乗せて食していました。「もうちょっと、堅くして」誰かがそう言った時、「ラスクにしてみたらどうかな?」と思いつきました。長崎県内を市場調査してみたら、「切れ端」をラスクにして商品化しているメーカーはあっても、「商品」をラスクにして出しているところはありませんでした。
さて、問題はどういった形状にするか?スティック状にするかどうするか?
結局、細長半斤タイプの厚さ5ミリと決定しました。
それ専用のオーブンも買っちゃいました。(太っ腹!)そして、2007年7月に発売

→2007年の発売当初、珍しさもあり「バカ売れ」
その後とあるモデルさんに偶然食べていただき、お気に入りと紹介してもらったので、また売れ。
その後は安定的な売り上げを保っていたが、2010年9月に某有名お菓子メーカーの○村屋
さんが「カステララスク」という商品名で発売開始→一般名詞化→またつられ売れ
その後調子に乗って2011年5月に8種類のラスクを販売開始→珍しさでまたチョイ売れ

・・・・で現在に至ります。
新商品ってほんとにおもしろいですね♪

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

101

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

森長(もりちょう)おこしは、初代 森龍吉が寛政5年(西暦1793年)に創業し、現当主森長之(ながゆき)が6代目になります。
もりちょうの名の由来は4代目...