更新日: 2011-07-06 18:39:14

長崎カステラのもっとおいしい食べ方~カステラを焼いてみよう~

はじめに

Photo by 菓秀苑森長(かしゅうえんもりちょう)

長崎ではカステラが本当に一般的なお菓子です。
どれくらいなじみがあるかというと、
1.みんな自分のお気に入りのカステラ屋がある。
2.たいていの家ではだいたいいつもカステラがある
(と、言われています。)

そんな中で生まれた、いろんなレシピ!その中の一つのカステラの2度焼き「焼きカステラ」!
カステラは焼くともっとおいしくなる!?



STEP1 【朝食にもぴったり!】

カステラは、栄養価も高く、糖分も高いので、朝、時間が無く、忙しいビジネスマン(ウーマン)には最適です。
脳みそを動かすのは糖分ですから・・・・・
焼きカステラの絡める上になったカリカリの表面と内側のしっとり感は病み付きになること間違いなし♪
騙されたと思ってぜひ一度お試しください。

STEP2 【焼きカステラの作り方1】

(1)フライパンに何もひかずに弱火で温めます。
(2)森長のカステラをフライパンでじっくりと焼きます。
(3)少し焼き目がついたらひっくり返して上下以外の4面を焼きます。
(4)できあがりです。

※バニラアイスなどを添えると更においしく召し上がれます。
※焦げやすいので火加減にはご注意ください。

オーブンだとひっくり返さなくても上手に焼けますよ^^

STEP3 【焼きカステラ2~フレンチトーストバージョン~】

作り方1でやった手順と基本的には一緒ですが、フレンチトーストのように牛乳に浸して焼くと!これもまた美味。

その他、凍らすシャーベットバージョンなども人気ですが、それはまた別のGUIDEで^^

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

森長(もりちょう)おこしは、初代 森龍吉が寛政5年(西暦1793年)に創業し、現当主森長之(ながゆき)が6代目になります。
もりちょうの名の由来は4代目...