更新日: 2011-06-23 16:31:45

製氷機の氷をより多く作る方法

著者: きのした たつや

編集者: きのした たつや

閲覧数: 1003

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ume-y

業務用製氷機で多くストックされるコツをご紹介します。

STEP1 製氷機の構造

業務用製氷機の多くは右上から氷が出て来ます。
そして、ストッカー内に溜まっていき、「満タン」になると製氷が一時とまりますが、「満タン」の基準は氷排出口の近くにある板が氷で押されると「満タン」と認識します。
しかし、氷は右上がりの山状になっていて、左上の空間が空いてしまっているのです。

STEP2 左に寄せる

この空間は非常にもったいないですし、夏場には氷不足も考えられます。
多くの方は右利きでしょうから、氷を取る際になるべく左側に寄せる習慣を付け、左上がりの山を作るようにして下さい。

STEP3 貯蔵室は冷えない

業務用製氷機の貯蔵室は冷凍機能がついていません。いわゆる「クーラー ボックス」と同じ程度の保冷効果しかありません。
フタが少しでも開いていると、解けるのが早くなりますので必ず、閉めるようにしてください

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

70

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する