更新日: 2011-06-23 16:14:01

履物を揃えるポイント

著者: Kitty1025

編集者: Kitty1025

閲覧数: 554

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by june29

家や外出先で靴が揃っていると気持ちがいいものです。
揃えるポイントをご紹介します。

STEP1 【履物の由来】

朝鮮語の「Kuit(グドゥ)」が語源になっています。
古代エジプトのサンダルが、西洋の靴のルーツです。
日本では、軍用靴が必要になり明治初期に作られ、奈良・平安時代に履かれていたのです。
庶民は裸足でしたが、上流階級は靴を履いていたのです。
貧富の差を感じます。

STEP2 【しつけの一歩】

履物が揃っていると気持ちがいいものです。
小さな子どもから高齢者まで、どんな人でもできます。
靴を脱いだら直ぐに揃えると、面倒なことはないのです。
しつけの一歩として、小さな子どもの頃から教えます。

STEP3 【揃え方】

部屋に靴先を向けて上がり、上がったら振り向いて靴を持ちます。
靴のつま先を玄関や出入口に向けて置きます。
これだけです。

靴の量が多く、向きを整えるのが難しい場合は、
同じように揃えてから置ける場所を探し、自分から近い場所に靴を横にして置きます。

まとめ

●脱いで直ぐに揃えると帰りが楽です。

●人より後に上がり、靴を揃えると好感がもたれます。

●来客があった場合は、お客様の見えないところで靴を揃えます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

73

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
Kitty1025

日本の一番てっぺん北海道に住んでいます。
健康情報から生活情報など、自分の引き出しを広げながら
提供していきたいと思います。
皆さん、よろしくお願い...