更新日: 2011-08-17 17:53:01

NHKの受信料を格安にできる方法

著者: english-tea

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1302

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJTR (´・ω・)

NHKの受信料は、家にテレビがあれば必ず払わなければならないとされています。
では格安になる場合はないのでしょうか?

STEP1 放送法

Photo by MJTR (´・ω・)

「NHKの放送を受信できるテレビを持っている場合には、NHKと受信契約をしなければならない」と規定があります。
放送法に基づき総務大臣の許可を得て定められた、日本放送協会放送受信規約で義務づけられています。

STEP2 ①NHKの受信料を格安にできる場合

実家を離れて生活する学生・単身赴任のお父さん等は、「家族割引"学生""単身赴任"」として受信料の33%が割引されます。
手続きをすれば適応されます。33%は大きいですね。

STEP3 ②受信料の免除を受けられる場合

全額免除の場合とは、
①公的扶助を受けている。
②身体障害者がおられる家庭で、収入が一定基準以下である。
③社会福祉事業施設に入居している。
④重度の知的障害者がおられる家庭で、市町村民税が非課税である。
⑤災害被災者 
などとなっています。

STEP4 ③受信料の半額免除を受けられる場合

半額免除の場合とは、
①視覚・聴覚障害の方がおられる家庭の世帯主である。
②重度のしたい不自由(1級・2級のみ)の方が、世帯主である。
③重度の戦傷病者の方がおられて世帯主である。

まとめ

テレビがあっても全額払わなくて済む場合もあるのです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

69

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
english-tea

ことしの誕生日にもらったケーキ☆☆☆。
食べることにかかわることが好きです。