更新日: 2011-06-22 16:47:47

部屋の中で子供の写真をキレイに撮る方法

著者: kiiin

編集者: kiiin

閲覧数: 596

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

お子さんやペットをお部屋の中で撮影する時、どうしてもぶれたり、
光量がたりなかったりなどしてしまいませんか?
ここではそのような時にどうしたら良いか、ちょっとだけアドバイス致します。
お役に立てれば幸いです。

STEP1 【被写体がぶれる】

まず、部屋の中で子供やペットの写真を撮影する時に良くあるのが、
撮影できたは良いが、被写体がぶれてしまっていることがあるかと思います。
これはカメラのシャッタースピードと関係しています。
シャッタースピードが速いと写真は止まっているような写真がとれます。
逆に遅いと動きのある写真になります。
お部屋の中で撮影する時にぶれない写真が撮りたいときは、
一眼レフやコンパクト機でも自分で設定できるようなものであれば、
まず、レンズの絞りを開放にすることです。

STEP2 【明るさ】

レンズにも明るさがあり、f3.5~5.6などと記載があるかと思いますが、
その数値が小さいほうが光を多く取り込めるのです。
従ってシャッターが少し早く切れるので、カチッとした写真が撮れます。
一眼レフをお持ちの方であれば、明るいレンズを使えば簡単に撮影できます。
又、コンパクトカメラでも最近では非常に明るいレンズを搭載したカメラも
多々ありますので、フルオートのカメラでも最新機種であれば一眼レフとまではいかなくともそこそこきれいに撮れます。

STEP3 【フラッシュの使用】

他にもフラッシュの使用という手もあります。
こちらは一般的ではありますが、実に効果的な方法です。
上記2点で足りないということであればこちらを利用すれば、
ISOも必要以上に上げずに済みますし、仕上がりもきれいです。
ただ、フラッシュで白くとんでしまうのにはご注意ください。

まとめ

結局はカメラの性能による所が大きいですが、最近カメラを始められてうまくとれない方、カメラをはじめようとしている方のお役に立てればと思います。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

60

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する