更新日: 2011-06-22 16:32:11

母乳育児につまづいた時の解決法

著者: kiiin

編集者: kiiin

閲覧数: 412

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by PinkStock Photos!

母乳育児をされる方は、母乳の出を気にすることなく、とにかくおっぱいをくわえさせて与えることです。
量は気にしなくて大丈夫です。

STEP1 【母乳育児につまづく最大の理由】

母乳の出だと思います。
ミルクと違い、どれくらい量がでているのか把握できないため、不安になり、足りていないのではないか?と不安になるのが原因です。

STEP2 【時間とともに上手になりましょう】

母乳はミルクと違い、量は気にせず与えて大丈夫です。
消化も早く、栄養もたっぷりあるけど、生まれたての赤ちゃんはうまく吸えないため、はじめはママも赤ちゃんも下手だけど、時間とともに、与え方も上手になり、赤ちゃんも上手に吸えるようになります。

STEP3 【体重増加もゆるやか】

ミルクのように、みるみる大きくなることは少ないです。
母乳の赤ちゃんは成長がゆっくりのため、体重増加もゆるやかです。
極端に体重が減ったりすれば一度病院で検査をされることをお勧めしますが、緩やかな成長であれば問題はありません。

STEP4 【生後三か月ごろ】

出が悪いと思い始めるのが生後三か月ごろです。その時に諦めてミルクに変更される方が多いけど、実は三か月あたりから母乳の出もよくなってくるので、なるべくあきらめず、がんばって与えるのがコツです。そして、頻回授乳になりますが、それも母乳育児の特徴です。

まとめ

母乳の飲み方も与え方も、時間とともにうまくなるものです。はじめからうまくいかないのは当たり前。そこでめげずに頑張ることが大事です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

66

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する