更新日: 2011-06-22 11:16:33

部下を見方につけて出世する方法

著者: きのした たつや

編集者: きのした たつや

閲覧数: 504

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by misawakatsutoshi

会社で長く働いていれば、部下が出来てきます。
そんな部下が見方につけば出世もしやすくなります。

STEP1 成果もミスも貴方のもの

あなたの上司は「あなたの部署」にではなく「あなた」に指示を出しています。
はっきり言ってあなたがその業務をやろうが、あなたの部下がやろうが関係ないのです。
いい結果がでれば「できる社員」ですし、悪い結果が出れば「できない社員」なのです。
それが部下のミスであり、それを報告したとしても上司は「あなたのミス」とみなすのです。

STEP2 部下を上手に使う

上司からの指示を部下に伝えれば、それを遂行するでしょう。
ですがそれは「言われたから」であって、自分から進んでやっているわけではありません。仮に進んでやっているように見えても、あなたへのポイント稼ぎのためなのです。
あなたは部下にやる気を出させるのが重要なポイントなのです。

STEP3 「オレが謝る。お前がやれ」

やる気を出させる方法は激励でも怒ることでも、食事を奢ることでもありません。
「全責任を持つ」ことなのです。簡単に言えば「頭を下げる」事です。
誰だって謝りたくありません。まして、部下とは言え他人のミスで頭など下げたくありません。
ですが、部下に自由にやらせて、ミスがあったら惜しみなく頭を下げる。
そして、怒るのではなく指導する。
それをすると部下は「この人に迷惑をかけられない」と思うようになり、「チーム力」が上がります。
徐々にいい結果が出るようになりその功績は全てあなたの物となるのです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

48

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する