更新日: 2011-06-22 10:53:53

消えない痕を残したくないから… 妊娠線の予防方法

著者: boofee

編集者: boofee

閲覧数: 407

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Nina Matthews Photography

妊娠線はできてしまうと、ほぼ消えません。できてしまう前のケアが大切なので、妊娠したらすぐに始めましょう!
 私は赤ちゃんが大きく腹囲が1メートルまでいきましたが、念入りケアで妊娠線はできずにすみました!

STEP1 妊娠線予防のクリームやオイルは初期から塗る

 妊娠線予防はお腹が大きくなってから始める人も多いのですが、皮膚を柔軟にしておくためにも妊娠をしたら早めに始めましょう。
 妊娠中は肌が敏感になりがちです。妊娠線予防コスメも低刺激なものがほとんどですが、化学的なものよりもナチュラルなアイテムのほうがやはり安心です。
 ちなみにおすすめはヴェレダの「ストレッチマークオイル」で、今までおすすめした人の中で妊娠線ができた人はいません。

STEP2 お腹を中心に広範囲でケアする

 お腹だけしかケアしておらず、腰やヒップ上部に妊娠線ができてしまったという人も少なくありません。お腹が大きくなる分、周りの皮膚も引っ張られますから広範囲でケアしてください。
 またクリームやオイルはけちらず、たっぷり使いましょう。かなり減りが早いのですが、期間限定のことですし、けちって妊娠線ができたら台無しなので、ここはひとつ贅沢に!

STEP3 おっぱいもしっかりケア

 おっぱいもみるみる大きくなっていくので、妊娠線が出てしまう人もいます。マッサージもかねてケアしておきましょう。ただし乳首を刺激するとお腹が張りますので乳房だけにしてください。

STEP4 妊娠線らしきものを見つけたら痕ケア

 それでも妊娠線ができてしまったら、早めにケアをすれば深刻な痕は残りません。”痕ケアオイル”として知られる「バイオイル」でのケアがおすすめです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

68

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

妊娠線予防用コスメ