更新日: 2011-06-21 15:59:38

子どもを保育園に入れてもらうコツ

著者: boofee

編集者: boofee

閲覧数: 10422

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by くーさん

 働くママにとって、子どもが保育園に入れるかどうかは大きな問題! 保育園に入れる確率を上げるためのいくつかのコツをご紹介します!

STEP1 保育ママ制度があれば狙ってみる

 自治体によっては自宅で少数の子どもを保育してくれる保育ママ制度が導入されています。一般的に0~3歳までで、基本的にお弁当、保育時間も短めと不便さはありますが、その分保育料は安いです。また少数保育ですので保育園のように風邪などの病気をもらうということが少ないというのもメリットです。母乳も凍らせて持参すればあげてくれることが多いです。

 保育ママで保育してもらっている子は保育園入園のためのポイントが高くなるらしく、だいたい入園できます。保育ママでも現在はキャンセル待ちになっているところが多いのですが、個人事業なので保育時間が短い(延長保育を希望しない)、自宅から近い、ママが口うるさくなさそうといったことで、すんなり入れる場合もありますので、近くの保育ママさんに応募してみましょう。

STEP2 とにかく保育施設に預ける

 保育園に入れたら働こう、復帰しようという場合はポイントが低くなりますので、保育園が一杯の自治体ではなかなか入園できません。認証保育園でも保育所でも入れるところに入園させましょう。

 ただし無認可保育園は、施設によってはやはり保育の管理がずさんです。預かっている子どものケガ、死亡例なども多いので、見学して不安が残るようならやはりやめたほうが無難です。

STEP3 どこにも入れなければシッターに預ける

 どこにも入れなかった場合は、少々高くなりますがベビーシッターに預けましょう。ただしベビーシッターマッチングサイトなどを利用して個人的に預けるとポイントは低くなりますから、ベビーシッター会社に依頼することが大切です。東京なら「赤門育英会」など、リーズナブルな会社を探して依頼してください。

 ベビーシッターを依頼する場合、自分または夫の会社が「こども未来財団」で承認されている会社(http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/babysitter/23bs001jigyonushi.html)に勤めていれば、ベビーシッターの割引券がもらえます

STEP4 ベビーシッター併用でもポイントが稼げる

 保育ママなどでは保育時間が短く、保育ママが休暇をとるとお休みになるので、仕事が休めなければベビーシッターなどを頼む必要があります。そのように保育サービスを併用した場合は、ベビーシッター会社にも証明書を書いてもらい、提出するとポイントが高くなります。

STEP5 仕事の大変さは書類でしっかりアピール

 1週間の仕事スケジュールなどを提出することになりますが、それは自分のカレンダーのコピーなどを添付してもOKです。出張、外出などの予定も書き込み、入園できなければ本当に困るのだということをアピールしましょう。

 また役所に懇願の手紙を出してもポイントだけで管理しているので効果がないと役所の人は言いますが、そのような手紙もしっかりファイリングされています。効果があるか、ないかはわかりませんが、万が一にでも役立つのなら、切実な思いを伝える手紙を書くのもありではないでしょうか。

STEP6 新規園を狙う

 保育園が不足しているため、新規で保育園を急ピッチで作っている自治体もあります。既存園では0歳保育から持ち上がりますから、1歳児、2歳児が入れる枠は本当に少ないです。ですから少々遠くても通える範囲なら新規の園をたくさん希望に入れるようにしてください。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

82

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する