更新日: 2011-06-21 10:46:53

お礼状をはがきで上手に書く方法

著者: KerokeroP

編集者: KerokeroP

閲覧数: 1735

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by KerokeroP

みんなが携帯電話を持つのが当たり前になった現代は、ちょっとした挨拶などメールや電話で済ませる方も多いですが、贈り物をもらったり、人に何かをしてもらったりした時など気持ちを込めたはがきを送ってみてはどうでしょうか。

STEP1  【お礼状は鮮度が命】 

贈り物をいただいた時など、お礼状はとにかくすぐに出しましょう。
送り主にとっては、無事に届いたかどうか気がかりなものです。
届いたら、その日のうちに書く習慣を持ちたいものです。
「本日は」、「今日は」とし、切手の下の左端か、通信文の最後に日付を入れると、相手の方にいつ届いたかが分かります。
贈ってくれた相手の心遣いに一刻も早く出す事が、どんな言葉よりもお礼の気持ちを伝えることになります。

STEP2  【お礼状は短くて充分】 

いざお礼状を書くとなった場合、何を書いてよいのか本当に迷います。
でも、はがきですと元々書くスペースも狭いですから、前文2行、主文3行、末文2行で充分です。
短いと文章の上手い下手も気になりませんし、挨拶は色々と真似て、本文のみ自分流に書けば大丈夫です。
その上、切手代も封書に比べて安いですから経済的でもあります。
簡単な文例をあげてみましょう。
「暑い日が続いておりますが、皆様お元気で
 お過ごしのことと存じます。
  本日は、大変結構なお品をお送り頂きまして、
 ありがとうございました。いつもながらのお心遣い
 大変恐縮に存じます。
  猛暑の折、ご自愛のほどお祈り申し上げます。
  まずはひとことお礼まで。          」

贈り物には先方が元気であるという挨拶がこめられていますので、相手の安否は問う形にしないのが一般的です。

STEP3  【お礼のはがきで気をつけたいマナー】 

はがきでお礼状を書くのは簡単で良いのですが、いくつかのマナーには気をつけたいものです。
まず、宛名の書き違いだけは絶対にしてはいけません。せっかくのお礼の言葉も水の泡です。
あて先や中身の誤字・脱字も同様で、よく確認してから出しましょう。
また、改まった手紙は縦書きが無難です。特に相手が年上の方の場合は気をつけて、黒か青のペンで書くようにしましょう。
そして、1通には1件のみを書くようにして、感謝の気持ちだけを書くようにします。
最後に、自分の住所、氏名、郵便番号をはがきの表にきちんと書くことを忘れないようにしましょう。そして、切手をまっすぐ貼って出来上がりです。

まとめ

お礼状に慣れたら、お中元の添状など色々なものに挑戦してみてください。


photo by 著者

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

75

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
KerokeroP

料理とお菓子好きの食いしん坊です