更新日: 2011-06-21 00:09:50

カラスとトンビの関係

著者: n-d

編集者: n-d

閲覧数: 7304

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Monica's Dad

 皆さんはカラスとトンビの関係についてご存知でしょうか? 田園地帯に住んでいる方はご存じかもしれませんが、この二匹、非常に仲が悪いです。
 何故二匹は仲が悪いのでしょうか。まずはこの二匹について知っていきましょう。

STEP1 【二匹の共通点】

 漢字で二匹の名前を書くとカラスは烏。トンビは鳶。漢字表記をすると非常に格好いいですね。
 他にも共通点はあります。二匹とも日本に住んでいる鳥類です。雑食性で色々な物を食べます。

STEP2 【トンビについて】

Photo by machu.

 さて、ここまでトンビ、と呼び続けてきたこの鳥、皆さんもお気づきでしょうがトビのことです。とび職のとびはこの鳥からきています。地方によってトンビといったりします。今回はトンビで共通させます。
 トンビは鳥類の中では猛禽類に属します。つまり、タカやワシの仲間です。その鳴き声は独特で『ピ~ヒョロロ~』と鳴きながら空を飛んでいます。この声を知っていれば上空をトンビが飛んでいることがすぐわかります。タカやワシよりも身近な猛禽類、それがトンビなのです。

STEP3 【カラスについて】

Photo by kanegen

 カラスはハト、スズメに並んで人間に最も身近な鳥です。鳥類の中では脳が大きく、知能が高いことが知られています。この知能の高さが最近問題となってきています。
 都会に住むカラスは生ごみをあさり、ビニール袋に穴を空けてしまいます。そうなるとゴミ捨て場は凄惨な光景となり、周辺の匂いも大変なことになります。ゴミ捨て場にネットをはってもそれを破って入ってきてしまうのです。この学習能力の高さ、侮れません。

STEP4 【二匹の関係】

 さて、この二匹の関係はどのようなものなのでしょうか? 
 春先は二匹のカラスがトンビを追いかけ、トンビはあの声で鳴きながら逃げていきます。
 秋になると形勢が逆転し、一匹のトンビが二匹のカラスを追いかけまわします。
 結論から言って二匹の仲は最悪です。ただじゃれ合っているだけかとおもっていたら、互いの体を掴み、きりもみ回転しながら落下していった光景を私は見たことがあります。
 これは生存競争のひとつの形です。この二匹、非常に縄張り意識が強く、縄張りに入ってきた敵を攻撃します。また、二匹とも雑食性なので食べ物を巡って争うこともあります。
 都会ではめったに見られない光景ですが、田舎に行くとよく見る光景です。興味がある方は田園地帯を散歩してみるといいかもしれません。

まとめ

 自然の中に社会を築きあげているのは人間だけではありません。彼らは私たちよりも力強く生きています。環境に適応し、より効率的に生きるために努力を惜しみません。都会の鳥と田舎の鳥とでは行動が全くと言っていいほど異なります。それぞれの環境に適応した生き方をしているからです。
 適者生存。人間も動物。生きるための努力を惜しまないことが大事なのです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

51

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・向上心
・日常から何かを見つける力