更新日: 2011-07-04 15:29:38

赤ちゃん、子どものあせも対策のコツ

著者: boofee

編集者: OKGuideスタッフ牧村

閲覧数: 9607

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by bradleyolin

 暑くなり子どものあせもが心配になる季節。しっかりケアをして、つらいあせもから守ってあげましょう!

STEP1

STEP2 子どもは思っている以上に汗っかき!

 子どもは体が小さいのに汗腺の数は大人と変わらないので、とても汗っかき。わかっているつもりでも、ちょっと油断したすきに大量の汗をかいてあっという間にあせもができてしまうので、早め早めに対処してあげることが大切です。

STEP3 1日に何度でも着替えさせる

 室内にいても大人が暑いかなと感じる程度の気温なら、子どもはすでに汗をかいています。汗をかいたらすぐに服を脱がせ、しっかり汗をとって着替えさせることがあせも予防の基本中の基本です。
 車に乗せているときも、チャイルドシートにつけっぱなしになっている背中はすぐにびしょびしょになります。ガーゼの汗取りパッドを利用すれば、着替えさせる回数が減らせるので便利です。
 屋外から帰ったらシャワーで全身の汗を流してあげるとよいでしょう。

STEP4 肌が弱い子は洗剤・柔軟剤にも注意

 汗ばむ季節は衣服に残った洗剤や柔軟剤も汗で流れでて、それが刺激となって肌荒れを起こすこともあります。肌が弱い子ならばエコベールなど天然系の洗剤を使ってあげましょう。特に柔軟剤は衣類に残って吸水性が悪くなり、汗も吸いにくくなるので気をつけましょう。

STEP5 できてしまったらベビーパウダーより入浴料

 ベビーパウダーは賛否両論ですが、汗腺をつまらせて悪化させることがあるのは事実のようです。それよりもあせもに効果のある赤ちゃん・子ども用の入浴料にすると数日できれいになります。

STEP6 ひどくなってしまったら皮膚科へ!

 あせもをかきこわしているような状態になってしまったら、ホームケアで治すと時間がかかります。またあまりにもかゆい状態が続くと夜も眠りが浅くなるので、ママも大変。皮膚科で薬を処方してもらいスッキリ治してしまいましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

103

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する