更新日: 2011-06-20 14:20:49

雨の日にズボンや服につく泥はねを防ぐ方法

著者: ゴリザエモン

編集者: ゴリザエモン

閲覧数: 1191

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by li-penny

雨の日に一番困るのは、シミにもなりやすい、ズボンや服についてしまう泥はねではないですか!!
その困る泥はねがつかないようにする方法をお教えします。

STEP1 泥はねしない歩き方

・ゆっくり歩くようにする。
・つま先から着地するようにする。
・内またで歩くようにする。

※かかとをあまり上げないように、地面をけらないようにして歩き、
 着地の時は「かかと」からでなく、つま先からするようにする。

STEP2 雨の日の靴選び方で泥はねを防ぐ。

●泥はねは、靴の種類も影響する。
 泥はねしにくい靴は、「パンプス」や「バックストラップ」の靴など。
 逆に、泥はねしやすい靴は、「ビーチサンダル」や「ミュール」などがある。

STEP3 靴選び+歩き方!!

泥はねを防ぐには、靴と足の「かかと」が固定されていない靴は、
着地の際に地面の泥をはたくので泥はねしやすいが、
「かかと」がしっかり固定されている靴であれば泥はねの影響は少ない。

※内またで歩くことも泥が外側にはねる事になるので、結果泥はねを防ぐことができる。

まとめ

ミュールみたいな「かかと」の浮きやすい靴は避け、ヒールが高めのパンプスを履くようにする。
とにかくかかとを地面から高く上げないように、着地はつま先からする。


参照URL:http://tenki.infoseek.co.jp/topic/20090616/

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

48

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する