更新日: 2011-06-19 23:01:54

スイカの効能と皮、種の食べ方

著者: mamedon

編集者: mamedon

閲覧数: 14761

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by mamedon

 夏の食べ物といえばスイカ。水分補給はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富。皮や種も栄養たくさん含まれているので、スイカを丸ごと食べて暑さで疲れた身体を癒しましょう!

STEP1 スイカにはカリウムとリコピンが豊富

 カリウムは、利尿作用に優れ、余分な塩分を腎臓から尿へと排出する働きがあります。腎炎や膀胱炎、高血圧に効果。腎臓の働きが良くなることで水分代謝も活発になりむくみの解消にもなります。

 スイカの赤は、赤い色素リコピンが豊富に含まれているから。リコピンは老化の原因にもなる活性酸素を除去する働きがあるので、夏バテ防止にも効果が期待できます。
 黄色いスイカもありますが、リコピンをたくさん摂りたいなら赤いスイカがおススメ。

STEP2 「西瓜糖(すいかとう)」について

 スイカを煮詰めて作る「西瓜糖」は、昔から腎臓に効くということで民間療法として使われてきました。
 夏風邪などによるノドの痛みを和らげたり、痰を出しやすくする効果もあります。

●「西瓜糖」の作り方
 果肉を絞って取り出した果汁を、水飴状になるまで鍋でじっくり煮詰めます。

STEP3 スイカの皮を使ったレシピ

 スイカの皮は、果肉の部分よりも利尿作用が高く、コレステロールを下げる効果もあります。スープにすると食べやすくおススメです。

●スイカの薬膳スープの作り方
1.スイカを切って実の方をはずし、残った皮の縞模様の表皮の固い部分は剥いて、適当なサイズに切っておきます。(薄くすると食べやすい)
2.干し貝柱をぬるま湯で戻して、しょうが(お好みで)をすりおろしておきます。
3.鍋に水を入れて沸騰させ鶏ガラスープを入れて溶かし、スイカの皮と干し貝柱、しょうがを入れ、5分程中火で煮ます。
4.塩・こしょうで味を調えます。

STEP4 スイカの種を使ったレシピ

 中国の漢方でも利用されているスイカの種。解熱作用や気持ちを落ち着かせる鎮静作用があります。

●スイカの種茶の作り方
1.スイカの種をきれいに洗い水気を拭き取ります。
2.熱したフライパンでよくカラ炒りします。
2.炒った種を小さじ一杯程茶碗に入れ、熱湯を1カップ注ぎ入れます。

まとめ

 疲れや喉の渇きを癒すだけでなく、内臓にも効果のあるスイカ。夏は積極的に食べた方がよい青果です。実だけ食べて捨てがちな皮と種も薬膳に利用できます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

100

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する