更新日: 2011-06-18 21:58:26

生ゴミから堆肥をつくる方法

著者: smap1

編集者: smap1

閲覧数: 578

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

野菜を育てるのに大切な肥料を、野菜の皮などの生ゴミから作ることができます。生ゴミを減らすことができ、さらに自宅で野菜を作ることができる!エコです。

STEP1 生ゴミの処理

生ゴミはできるだけ水分を切っておきます。
野菜などは洗う前に皮を剥くだけで、濡れずに済みます。

STEP2 準備

バケツなどの容器に、生ゴミを入れ、上から腐葉土をかぶせます。
容器がいっぱいになるまで、生ゴミ→腐葉土→生ゴミ→腐葉土を繰り返します。
いっぱいになったら、生ゴミと腐葉土をよく混ぜます。表面に生ゴミがみえていると、臭いので、新しい腐葉土をかぶせます。
雨などがはいらないように、蓋をしますが、空気が出入りできるように開けておきます。

STEP3 経過

1週間に1度くらいのタイミングで、全体を混ぜます。
夏は1ヶ月くらい、冬は3ヶ月ほどで、熟した堆肥が出来ます。
白いカビが発生してしまいますが、このカビが生ゴミを分解しているので気持ちが悪いですが、我慢します。よく混ぜることで、さらによく分解してくれます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

68

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

バケツ
腐葉土
スコップ
蓋になるもの