更新日: 2011-06-18 09:22:44

魚、肉パックを上手く使って洗い物なしに!

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 13689

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kawanet

節水テクニック。魚や肉が入っていたパックを上手に使いましょう。

STEP1 [鶏のからあげ]

例えば、鶏のからあげを作るときに。
鶏肉のパックがあるとすると、ラップ部分をまな板にしきます。

その上で肉を一口大に切ります。

次に容器に戻して、から揚げ粉を入れます。
プラスティック容器をバット代わりに使います。

すると洗い物が減ります。

STEP2 [ほかの肉料理も]

他の肉料理も同様です。
味付けをパックの容器でしたり、ラップ部分をまな板にしけば洗い物が減ります。

パックは再利用のため、結局は洗わなくてはいけません。
こうすることで1つ洗い物が減ることになります。
また、まな板もそう。私は木のまな板を使っているのですが、肉や魚を洗った後はしっかり洗わないといけません。ラップがあるとその分さっと洗うだけでいいです。

STEP3 [魚も同様]

魚の塩焼き。
魚の容器の中で塩、こしょうをふります。

その魚を魚焼き器に直接入れればまな板いらず。洗わなくてすみます。

魚を切りたいときは、肉と同様にラップをしいてからその上で、切るようにします。

STEP4 [節水にも!]

この方法は、節水にもなります。
簡単にできる方法なので、今日からはじめてみませんか?

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

99

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...