更新日: 2011-06-29 00:00:08

ラップの芯と針金ハンガーで「速乾タオルハンガー」を作る方法☆

著者: kopi

編集者: kopi

閲覧数: 3002

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ototadana

家で余っている「針金ハンガー」に、家庭のゴミになってしまう「ラップの芯」を組み込んで、便利なタオルハンガーを作ってみましょう。

STEP1 針金ハンガーを、解体しよう。

針金ハンガーのねじっている部分を、ていねいにはずしていきます。
なるべく、ねじねじ部分の形をくずさないようにしてください。
ちょっとだけ力が必要ですが、以外と簡単にはずせるはずです。

古いものだと「ポキッ」と折れてしまうこともありますが・・・

STEP2 はずした片側をのばして、ラップの芯を入れよう。

ラップの芯がハンガー下の、まっすぐな部分に入るくらいにのばして、ラップの芯を入れてみます。完全にまっすぐにしなくても入ります。元に戻すことを考えて、なるべく形をくずさないようにしましょう。

STEP3 ハンガーを、元の形に戻そう。

ねじねじ部分をまた組み合わせて、元の形に戻して、形を整えましょう。
はい、できあがりです☆

いつものハンガーだったら2枚重なってしまいますよね。でもこれなら芯の幅分だけ隙間ができて、早く乾きます。
おまけにフェイスタオルの大きさまでなら、「くるくる~」と簡単にはずせますよ。

我が家では、100円均一の便利グッズ(ハンガーを6個かけれて、外に干しても風とかで飛ばされたり、ずれたりしないというハンガー)にかけて使っています。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

49

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

針金ハンガー ラップの芯