更新日: 2010-09-26 20:10:18

キャンプ時の焚き火

著者: shinodon

編集者: shinodon

閲覧数: 275

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by LAsachi

 キャンプの時、調理や暖用に火をおこしますが、燃えやすい木の紹介。

STEP1

※設営地の周りに松の木があったら、落ちている松ぼっくりや松の樹皮を使うと、着火しや すく燃えやすい。その他、モミの木・杉の木・檜の木・などの枝が落ちていたら同様に使 う。
※また、倒木でポキッと折れるのは乾いているので、焚きつけになる。
※大きい木は切れ目を沢山入れたり、先を割って間に小枝などを挟んでから火にくべると
 早く火がつく。
※火付きが悪いのは、栗の木・樫の木・ブナの木などですが、いったん火がつけば火持ちが
 良いので長時間使用できる。

まとめ

 昔と違い現在は、アウトドア用にさまざまなグッズや便利用品が出ていますが、子どもた ちとより自然に親しみたい時、体験してみてくださいね。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

28

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

 マッチあるいはライター 松などの木