更新日: 2011-06-16 20:27:44

メールの返信をもらえるようにする方法

著者: ハイケイ

編集者: ハイケイ

閲覧数: 814

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by jetalone

今や生活に欠かせないメール。家族、友達、恋人、仕事関係などなど、いろんな人とメールのやりとりをしますよね。
自分が出したメールに対して、返事がなかなかこなくて・・・とお悩みの方にちょっとしたコツをお教えします。

これで返信ゲットの確立はかなり高まりますよ♪

STEP1 【はじめに】

メールの返信がすぐにほしい場合、相手のライフスタイルも意識しましょう。
明らかに仕事、授業などが続く時間は避けましょうね。
相手が一息つくな、と思う時間の少し前がグッドタイミングです。

STEP2 【本文を書く】

内容はふだん通りでOKです。
でもあまり同じような内容が続いている場合には、話題を変えても効果的です。

STEP3 【疑問文を入れる】

ここが大事です!
メール本文の最後に「?」で終わる一文を入れます。

「今日は仕事がうまくいったよ。楽しかった。」ではなく、
「今日は仕事がうまくいってよかった。○○さんは何が楽しかった?」にします。

内容は関係によって変えますが、とにかく「?」で終わらせてメールを送ります。

STEP4 【メールの返事がくる】

これで返信がくる率はグッと高まります。

疑問文が最後にあると「返信しなきゃ」「答えないと失礼かも」という気持ちが高まります。
一方疑問文「?」が文中にある場合、よほどの質問でない限りは「答えなくてもいいかも」と思われることが多くなります。

自分に置き換えて考えても、「?」で終わるメールには返信したくなる(しなきゃ、と思う)ことが多くないですか?

まとめ

・「?」で本文を終えるのが基本ですが、単なる「?」ではなく、具体的に答える必要がある内容にするのがさらなるポイントです。

 例えば「元気?」というよりは「カゼを引いてない?」の方が答えたくなります。
 「何があった?」「どう思う?」「何がいい?」というように、相手の答えを引き出す=答えたくなるような質問を考えましょう。

・下記のサイトも参照しました。
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20100715-00002791-r25

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

84

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ハイケイ

こんにちは!

得意分野はメイク(プチプラ、ドラッグストア系中心にオリジナルテクニック研究)、美容・健康(ランチマクロビ実践中)、音楽、パソコン関係(...

必要なもの

パソコンor携帯電話
文末の「?」