更新日: 2011-06-16 20:02:45

夏の食材シソの育て方

著者: smap1

編集者: smap1

閲覧数: 435

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by snak

そうめんの薬味としても、天ぷらにしても美味しいシソ。家庭で栽培しておけば、いつでも新鮮なシソが使えます。成長が早いので簡単に育てることができます。

STEP1 4月〜6月に種まきをします。

発芽率が高いので、種からの栽培でも安心です。

STEP2 置き場所

暑さには強いのですが、直射日光に当てすぎると1枚の葉が大きくなりすぎ、硬くもなってしまいます。半日陰で栽培したほうが、葉が柔らかいのでオススメです。

STEP3 間引き

発芽したら、間引きを行いながら株の間を10〜13センチはあけるようにしてください。

STEP4 摘芯

15〜20センチほどの丈まで成長したら、茎の頂点を摘み取ります。こうすることで、わき芽が増え、シソの葉を多く付けるので、収穫も多くなります。

STEP5 水やり

水やりは、葉全体にたっぷりと与えます。乾燥が苦手で、葉の裏にムシがつきやすいので、葉にも水をかけハダニを防止します。

STEP6 収穫

7月下旬ほどになると、大きく成長するので、使いたい分だけ葉を取り楽しむことができます。次々と葉を付けるので、大きくなってしまった葉は取って風通しをよくし、新しい葉を付けさせるようにします。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する