更新日: 2011-07-20 13:18:02

食パンが長持ちする有効な保存法

著者: 朝焼けと煙

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 804

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Skyriser / Lix

意外に賞味期限の短い「食パン」。安いからと買ったものの、結局期限までに消費しきれずに廃棄処分…なんて経験、ありませんか?この方法を使えば、ある程度の期限が過ぎても、トーストにして美味しく食べられます。

STEP1

食パンを一枚一枚、ラップで包みます。形が変形しないように、優しく包んでおくと良いでしょう。

STEP2

ご家庭の冷凍室に入れて凍らせて保存します。

STEP3

食べる時にラップから取り出して、いつも通りトーストしましょう。普通の食パンと同じ様に、美味しく頂けます。

まとめ

保存期間が少し延びるといっても、限度はあります。放置しすぎて痛んでしまった物を食べると、衛生上危険ですのでご注意下さい。

なお、この方法はトーストする場合に限られます。

余談になりますが、痛んでしまった食パンは、焦がしてから冷蔵庫に入れておくと脱臭剤になります。(炭に脱臭作用があるためです。)

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

87

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

冷凍室、サランラップ、トースター