更新日: 2011-06-17 13:51:14

香港でのトランジットを楽しむ方法

著者: nortso

編集者: nortso

閲覧数: 1161

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Simon_sees

キャセイパシフィックを利用して海外へ行く場合、香港で乗り継ぎになると思います。
このトランジットの6~10時間をどう過ごしたらいいのか悩む人のために、ちょっとアドバイスいたします。

STEP1 無理はダメ!

まず考慮するのが、そのときの自分あるいは仲間の体調。
体調が悪いのに、無理して遊びに出かけることはありません。
機内ではゆっくり眠れずつらいという人は、まず、香港国際空港内のトランジットラウンジでゆっくり休息することを勧めます。

STEP2 トランジットラウンジとは

香港国際空港内には、「トラベラーズラウンジ」というものがあり、有料ですが24時間誰でも利用できます。
ラウンジ内には無料の食べ物とドリンク、個室のシャワー、無線LANも使えます。
料金は2時間500香港ドルですからずいぶんかかりますが、楽天プレミアムカードなどに付帯されているプライオリティパスがあれば、5時間無料で利用できます。

STEP3 その他、無料で休憩するには

「Resting lounge」というリクライニングの椅子が並んだスペースが、空港内に数箇所あります。
何のサービスも受けられませんが、少しの間横になって休む事はできます。
それに香港国際空港内はやたらと広いフードコートがあって、値段もリーズナブル。
ベトナム、中華、日本食までいろんなブースが集まっていますので、数時間のトランジットなら充分楽しめると思います。

STEP4 街へ出てみよう!

しかし、トランジットが6時間以上だったり、体力も好奇心もモリモリ!という人は、香港の町へ出てみることをおススメします。
空港は、町から遠いのですが、空港に乗り入れしているエアポートエキスプレスなら、25分でセントラルに着けます。
それに同日に空港に帰る旅行者は、帰りの運賃は無料となりますので、片道運賃を払うだけでいいのです。
空港でチケットを買うときに「same day return」と告げてください。

STEP5 街では

ブランド物のショッピングや高級中華なんかは空港でも充分楽しめるので、ここでは香港っぽいキッシュなお土産をストリートで探したり、B級グルメを屋台で食べたり、単純に街の雰囲気を楽しんで散歩するのがおススメです。
時間によっては夜景も楽しめます。

まとめ

気をつけたいのが、航空券によっては、香港の空港税が入っていない場合があること。
そうすると一旦空港の外へ出てしまうと、香港で空港税を払わないといけないので、航空券を手配した折に、しっかり確認しましょう。
キャセイのチケットなら問題ないようです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

72

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

香港経由の航空券