更新日: 2011-06-09 16:58:09

相手に喜ばれる入院見舞いとは! ~お見舞い品の選び方~

著者: love-syoko

編集者: まきむぅ

閲覧数: 1665

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by love-syoko

身近な人の入院を知ったとき、お見舞いに行くべきかどうか、また、お見舞いの品に迷うことがあります。誰でも迷ってしまう入院見舞い品選びで大切なこととは!?

STEP1 入院している本人の状態を知ることが大切です。

また、同室の人への配慮も忘れないように! 整形外科など食事制限のない病棟なら、同室の人で分けられるお菓子などもいいでしょう。

STEP2

お見舞い品として一般的に知られている「花」は、入院している本人にとっては「臭い」に感じることもあります。また、アレルギーの人もいますので、避けたほうがいいでしょう。
限られたスペースに花瓶まで置く余裕はありませんし、ほかのものを取ろうとしたはずみで、ひっくり返してしまうこともあるからです。
特に、整形外科手術をした人は、体は元気ですが、自分では動けない場合が多いので注意が必要です。

STEP3 印刷物もやめたほうがいいでしょう。

書籍のインクを「臭い」として感じてしまうからです。
手術後は、特に「におい」に対しても敏感になりますので、これも注意が必要ですね。

まとめ

Photo by love-syoko

一度でも入院・手術の経験がある人なら、自分の経験からわかりますが、もし、そういう経験をしたことがない人は、お見舞い品選びについてまわりの人に聞くことをオススメします。

相手が困るものは、退院時に「荷物」になってしまうものです。入院中に使いきれるものをオススメします。

いちばん実用的なのは、現金やテレフォンカード、病院のテレビや冷蔵庫を利用するための「カード」もすぐに役立つので喜ばれるでしょう。

ちなみに、私は食べたいものを電話で頼んで「差し入れ」をしてもらったことがあります。あのときは、ほんとうにうれしかったです。

また、入院時には人数分の「お土産」(てづくりの しおり)を用意して、同室の人に挨拶をしたこともあります。ちょっとした心がけが大切なのではと思います。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

相手を想う気持ち