更新日: 2010-09-26 13:28:47

新米ママにもねぎらいを! ~出産祝いの選び方~

著者: love-syoko

編集者: love-syoko

閲覧数: 412

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by love-syoko

生まれた赤ちゃんへの贈り物が圧倒的に多い「出産祝い」。でも、大切なことを忘れていませんか……。ここでは、実際に喜んでもらえた体験談をご紹介します。

STEP1

同級生に待望の赤ちゃんが誕生! でも、経済的に厳しくて、とてもじゃないけれどお祝いの品など準備できない……。そんなとき、思いついた方法とは!?

STEP2

「赤ちゃん」ではなく、がんばって出産した「新米ママ」である友人への贈り物をすることでした。そのとき、タンスのなかに眠っている新品の衣類(ブランド品のくつ下)を詰め合わせ、後ろめたい気持ちを抑えながら友人にプレゼントしたところ……。

STEP3

当時の私の状況を知っていた友人は、私からの贈り物を心から喜んでくれました。

まとめ

冠婚葬祭で大切なことは「心を贈ること」だと実感しました。
さすがにお葬式の場では通じないことのほうが多いですが、「出産祝い」などは自分でできる範囲で「まごころ」を贈ることが大切なのではないでしょうか。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

53

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

相手を祝う純粋な気持ち
見栄を張らないこと