更新日: 2011-06-23 14:17:52

簡単においしいゼリーをつくる方法

著者: kafe

編集者: kafe

閲覧数: 664

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by masayukig

蒸し暑い日が続くと食欲まで落ちてしまいます。

そんな時、簡単に準備できるゼリーを作ってみませんか?

STEP1 < すべてに共通 >

☆ゼラチンをふやかします ゼラチンを三倍の量の水を入れまぜて、ふやかしておきます。
 
4分ほど置いておきます。


☆ゼラチンをふやかしている間に、お好みの液体をマグカップに入れて、電子レンジの「牛乳あたため」であたためます。温かさが足りなければもう一度温めます。

☆温まった液体にゼラチンを加えて溶かします。

☆お好みのカップなどに移して、(もちろんマグカップのままでもOK)冷蔵庫で冷やします。

STEP2 <あまったコーヒーでコーヒーゼリー>

コーヒーメーカーの残りのコーヒー(もちろんインスタントコーヒーを解いたものでもOK)で作って、いちごなどによくかける練乳をかけると美味です。

紅茶でもいいです。

STEP3 <余った果物とジュースでフルーツゼリー>

朝食で残った果物とジュースで作ります。

リンゴやキウイなどは加熱してから使います。

STEP4 <ミルクゼリー>

牛乳カップ1杯につき小さじ1の砂糖を加えて作ります。

市販のフルーツソースなどをかけると美味です。

食欲が無いときの栄養補給にもなります。

まとめ

液体に対するゼラチンの量を説明書に書いてある量の1/2から1/3にすると、とろとろのおいしいゼリーになります。

型抜きはしないで、カップのままスプーンですくって食べます。

一押しはミルクゼリー+ブルーベリーソースの組み合わせです。牛乳嫌いの子どもが、よろこんで食べます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

85

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ゼラチン 牛乳 砂糖 ジュース コーヒーなど