更新日: 2011-07-07 13:50:01

鍋底に食材がくっつかないようにする方法

著者: natsuyama

編集者: natsuyama

閲覧数: 158

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by shibainu

長時間に込む料理屋、焦げ付きやすい食材を煮ていたら鍋底に焦げ付いてしまった……ということはありませんか?
今回は、鍋底に食材がくっつかないようにする方法をご紹介します。

STEP1 網を敷く

鍋の底に丸い板状のストレーナー(漉し網)を落としましょう。
こうすれば、火が直接当たる鍋底には食材が当たらず、こげついてしまうことがありません。

STEP2 弱火

焦げ付きは、鍋底部分で水分が蒸発してしまうことにより起こります。
なのですぐに蒸発しないほどの弱火で煮込めばくっついてしまうことはありません。

STEP3 余熱調理

熱伝導率がよすぎる鍋だったり、鍋の中に入れている量が少ないと、どんなに弱火にしても焦げ付いてしまいます。
そういうときは、火からおろして余熱調理しましょう。
鍋を温めた後、毛布や新聞紙で冷めないようにくるみましょう。
しっかり保温しておけば、小さい鍋でも2,3時間は熱いままなので余熱調理が可能です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

50

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
natsuyama

https://okguide.okwave.jp/studio/reward

めも 2/1
11813閲覧
50good
16コメント
3...