更新日: 2011-06-14 20:58:07

自律神経からの体調不良を知る方法

著者: kamechi2010

編集者: kamechi2010

閲覧数: 3461

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

 よく立ちくらみが起こる人、自律神経の働きが弱っていませんか。ちょっとした体調不良の原因は自律神経にあるかもしれません。

STEP1 自律神経の働きをセルフチェック

 まずは、自分の自律神経の働きをチェックしましょう。

1. 5分間、安静にしたあと、1分間脈拍を計る
2. 足を動かさないようにしながら立ち上がり、すぐに1分間脈拍を計る
3. その後、1分後、3分後、5分後に、1分間脈拍を計る

 各計測を終了した際に、プラス30以上の値になっていたり、マイナスの値になっていたりする場合は、注意が必要です。特に、立ち上がってすぐに計測した値が、プラス30以上の値や、マイナスの値になっている場合は、自律神経が正常に働いていない可能性があります。

STEP2 ストレス チェック

 自律神経の働きが悪くなる、原因の一つ「ストレス」について、チェックしてみましょう。

1. 嫌なことを、引き受けてしまう(過剰適応)
2. 相手の感情を察することが不得手(情緒応答が苦手)
3. 将来のことを心配する(取り越し苦労)
4. ちょっとした、体の変化に敏感になっている(神経過敏)

上記の項目、当てはまる数が多ければ多いほど、ストレスを受けやすいということです。
ストレスは、脳が活発に動きます。そのことで、血液が脳に多く流れ、自律神経の働きが鈍る結果となります。

STEP3 生活チェック

 自律神経を乱す原因は、普段の生活習慣にもあります。ついついしてしまう生活習慣を見直すいいチャンスです。

○睡眠時間
 自律神経は、太陽の動きに合わせて働くようになっています。しかし、忙しい
 現代人は睡眠不足や夜更かしをついついしてしまいがちです。これでは、昼間
 の緊張感が持続してしまい、結果として、自律神経が乱れてしまうのです。
 適度な睡眠は健康の基でもあります。1日の疲れをしっかり取り除けるように
 睡眠を取ることが必要です。

○食事
 空腹を感じるのは、自律神経のサインです。しかし、このサインを無視して食
 事が不規則になると、自律神経が乱れる原因になってしまいます。食事は朝・
 昼・晩と3食、できれば決まった時間に取ることが必要です。

○運動量
 適度な運動することにより、自律神経が刺激されます。また、調節能力を鍛え
 ることができます。適度な運動は、人それぞれ違いますが、自分自身がちょっ
 と汗かいた、ちょっと息が上がる程度の運動を1日1回心がけることが必要で
 す。

STEP4 自律神経を鍛える

 自律神経の鍛え方はいたって簡単、「座ってリラックスする」ことなんです。

では、どのようにリラックスしていくか、見てみましょう。
静かで落ち着ける、集中しやすい場所で、就寝前・入浴後に行うと効果的です。ただし、通院をされている方、活動性の病気(心筋梗塞、胃潰瘍)の方は行わないでください。

1. 椅子に座り、軽く目を閉じる
2. 心の中で「気持ちが落ち着いている」と、気持ちがゆったりとしてくるまで
  唱える
3. ゆったりとしてきたら、心の中で「右腕が重たい」と、右腕が重たく感じる
  まで唱える
  その後、左腕・右足・左足も同様に行う
4. それぞれが重たく感じたら、心の中で「右腕が温かい」と、右腕が温かくな
  るまで唱える
  その後、左腕・右足・左足も同様に行う
5. 手をそのままの位置で、握って開いてを繰り返す
6. 結んだ手を胸の位置まで持っていき、手を開きながら前に付き出す動作を繰
  り返す
7. 大きな伸びをする

 自分で心の中で唱えることが重要ポイントです。

まとめ

 自律神経が乱れるということは、生活のリズムが乱れているということです。まずは、自分でできることから、生活のリズムを作りましょう。

出典:NHK あさイチ
     「これで解消!“なんとなく体調不良”」

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

51

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kamechi2010

旅行と読書と食べ歩きが好きで、さらに最近はウォーキングでダイエットはちょっと無理そうなので、健康維持に努めています。