更新日: 2011-06-13 20:43:07

夏バテを予防する方法

著者: 栗鼠亀

編集者: 栗鼠亀

閲覧数: 228

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by mdxdt

今年の夏は暑そうですが、夏バテを予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

STEP1 【夏バテとは】

夏バテとは、夏の暑さや疲れから体調を崩した状態のことをいいます。そのため、夏バテの症状は、胃腸に出たり、精神的なものが出たりと、人によって違いがあります。

STEP2 【汗をかこう】

汗には体温を調節するという大切な役割があります。暑いからとすぐに冷房をつけていては、汗腺機能が衰えてしまいます。

STEP3 【自律神経を整える】

外の気温と部屋の中の気温が違いすぎると、自律神経がおかしくなります。自律神経がおかしくなると、ホルモンバランスが崩れ、体がだるくなったり、体が冷えてしまったりと、夏バテしてしまいます。また、汗で体温を調節することもできにくくなります。冷房はつけても外の気温とは5度以内の差にする、冷え過ぎた部屋では上着をはおるなどしましょう。

かといって、冷房をせず、暑過ぎて眠れなくても自律神経はおかしくなります。冷房は上手に使いましょう。

STEP4 【ビタミンB1をとろう】

ビタミンB1には、糖質をエネルギーに変換させる役割があります。ビタミンB1は、豚肉や豆類、ナッツ類にたくさん含まれています。また、ニンニクやネギ、ニラはビタミンB1を吸収しやすくしますので、豚肉と一緒に食べるとよいでしょう。

STEP5 【水分を摂りすぎない】

冷たい飲み物ばかり摂っていると、胃腸の働きが悪くなりますし、下痢を起こしてしまうこともあります。水分を摂らないと今度は熱中症の危険も出てきます。一度に飲まない、冷え過ぎたものばかり飲まないなど、注意して水分を摂りましょう。

まとめ

キュウリやスイカなどウリ科の野菜には、体を冷やす働きがありますので、毎日の食事に取り入れるようにしましょう。ほか、夏にできる作物には、同じように体の熱を下げるものが多いです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

73

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
栗鼠亀

小さなことでも、気になったことや新しく知ったことをご紹介していけたらと思ってます。