更新日: 2011-06-12 22:16:47

日本の旅客鉄道完全制覇のススメ

著者: 岸田法眼

編集者: 岸田法眼

閲覧数: 496

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 岸田法眼

鉄道は日常生活において、大切な公共交通機関ですが、旅でも重要な存在です。そこで、皆様、汽車旅を思いっきり満喫してみませんか。

STEP1 ●チャレンジ2万キロ

Photo by 岸田法眼

私の目標の1つに日本の鉄道完全制覇があります。

鉄道は旅客輸送を中心に貨物輸送も行なっております。JR貨物の列車は旅客線上を走ることが多いのですが、貨物線も持っておりますし、私鉄でも時刻表に掲載されない貨物専用の鉄道も存在します。

当然のことながら、貨物列車に乗れるわけではありませんが、すべての旅客路線を制覇しようという野望があります。

昭和53年(1978年)7月10日(月曜日)、宮脇俊三氏が『時刻表2万キロ』を刊行。これが大ベストセラーとなりました。

宮脇氏が出版社に勤めていた頃、金曜日の夜、夜行列車で旅立ち、まだ乗っていない国鉄路線に足を踏み入れました。そして、月曜日の朝、何食わぬ表情をして普通に出社しておりましたが、やがて“隠密行動”が表面化したため、社内で話題となりました。そして、ついに国鉄全路線を完全制覇しました。

それをかぎつけた別の出版社は、宮脇氏に本の執筆を依頼。これを機に出版社を退職して紀行作家の道を歩みますが、国鉄も昭和55年(1980年)3月15日(土曜日)から10年間、『いい旅チャレンジ20,000キロ』というキャンペーンを開始しました。

赤字財政に歯止めのかからない国鉄は、“起死回生の策”だったかどうかはわかりませんが、路線の起点の駅と終点の駅で駅名盤に自分の顔が写っていることを条件に事務局へ送ると、認定証が贈呈されました(1路線だけでもOK)。ちなみに路線の全区間乗車は「全線完乗」と言います。

好評な企画ではあったものの、昭和58年(1983年)から赤字路線の切捨てが本格化。企画と現実が矛盾してしまう展開になってしまいますが、やがて国鉄は分割民営化が決定。JRになってからもこのキャンペーンは継続され、平成2年(1990年)3月14日(水曜日)に終了しました。

それから十数年の時を経て、NHKの企画で関口知宏さんは、まず最長片道きっぷの旅を実践したあと、乗っていない路線の全線完乗にチャレンジ。わずか2年足らずでJR線完全制覇を達成しました。たった2年足らずでやり遂げるのはうらやましいですね(俺は自腹で10年以上たっても成し遂げた)。

これが下地になったのか、2007年は歴史的な鉄道ブームになりましたが、いまだ偏見視されるという悲しい現実であることに変わりありません。正式名称、「レールファン」が国民の皆様に覚えていただかない限り、いつまでたっても変わらないでしょう。

どんな人間でもなんらかの「ファン」を持っているはずです。うしろ指をさす前によく考えてから言葉を発してくださいね(最近はブログやラジオで問題発言が多いようだ)。

鉄道は基本的にJR、私鉄、地下鉄、第3セクター、モノレール、路面電車、ケーブルカー、トロリーバス(バスの電車版)、浮上式(リニアモーターカー)に分類されます。但し、遊園地のアトラクションやリフトは“公式の鉄道”にはなりませんので、御注意ください。わかりやすくいえば、市販の時刻表に掲載されている路線に当てはまると思ってください。

余談ですが、私は20世紀に『最新改訂版駅名辞典(第5版)』、『運輸省鉄道局監修鉄道要覧』で日本の旅客鉄道全路線を調べました。私のブログ、『岸田法眼のRailway Blog.』でも順次、掲載できればいいなと思っております。

STEP2 ●京浜東北線は架空路線

Photo by 岸田法眼

JR東日本の首都圏では山手線、京浜東北線、埼京線、湘南新宿ライン、横須賀線、中央線などがあります。実はこの路線にはある“からくり”があります。

まず、京浜東北線ですが、電車は走っても、実在しない路線です。これは私が中学生の時に初めて知り、衝撃を受けたのですが、京浜東北線は大宮―横浜間の路線です。

しかし、実際は大宮―東京間は東北本線、東京―横浜間は東海道本線で、案内上の路線愛称なのです。これは国鉄時代からつけられております。また、大宮から東京へは東北本線上り、東京から横浜へは東海道本線下りとなるため、この場合は「南行」と呼び、その逆は「北行」と呼びます。

次に埼京線。これは大崎―大宮間にあたりますが、大崎―池袋間は山手線、池袋―赤羽間は赤羽線、赤羽―大宮間は東北本線支線にあたります。

埼京線は東北新幹線の建設に沿線住民が反対するなか、並行して通勤新線を作ろうという方向になりました。当時から京浜東北線、東北本線の混雑が過酷な状況にあったためで、バイパス的な意味合いもあり、開業しました。また、東北新幹線東京―大宮間の最高速度は110㎞/hに抑えています。

湘南新宿ラインも大宮―大船間の路線愛称ですが、これがややこしく大宮から田端の手前までは東北本線で、そあと貨物線に入り、山手線に合流し、池袋から大崎までは埼京線と線路を併用(山手線を走る)。大崎からは右へ大きくカーブして、東海道本線支線に合流します。この支線は東京―西大井―大船間で横須賀線と併用しています。

横須賀線は大船―久里浜間をさしますが、案内上、東京―西大井―大船間も含まれています。

もっとややこしいのが中央線で、正式路線名は「中央本線」と言いますが、JR東日本は“同じ区間に2つの路線があるのを1つに統合しよう”ということになり、東京―神田間は東北本線、代々木―新宿間は山手線に編入されました。つまり、神田―代々木間は“孤島”となってしまったのです。

中学生になるまで知らなかった“からくり”が多いため、いちいち、「正式路線名はこうですよ」なんて人に説明しませんが、雑学の一種として、覚えていただければいいでしょう。ちなみに、「中央線」という正式路線名は、大阪市営地下鉄です。東京の人間からすれば、緑の帯を巻いた中央線はピンとこないのかもしれませんし、関西の方も“オレンジの中央線”がピンとこないのかもしれません。

山手線は全国的に知れている1周路線ですが、正式には品川―田端間をさし、田端―東京間は東北本線、東京―品川間は東海道本線になります。ちなみに、JR西日本大阪環状線は天王寺―鶴橋―京橋―大阪―新今宮間で、新今宮―天王寺間は関西本線です。

湘南新宿ラインを除き、国鉄時代から利用客重視の案内をしていたことになり、常磐線も上野を起点に案内されておりますが、正式には上野―日暮里間は東北本線です(常磐線は日暮里-岩沼間が公式区間)。

STEP3 ●悲鳴をあげるローカル線

Photo by 岸田法眼

20世紀からそうなのですが、ローカル線の危機が顕著になっております。少子高齢化による人口減少、過疎地の深度化が背景にあるようです。

個人的にショッキングだったのは、銚子電気鉄道がみずからのホームページで、車両の修理代がないほどの赤字に悩まされていることを告白。名物のぬれ煎餅の購入を呼びかけたところ、注文が殺到し、商品の製造が間に合わない展開になりました。おかげで車両の検査ができるようになったものの、今度は踏切や枕木の腐食が発覚。市民団体、銚子電鉄サポーターズを作り、サポート基金を銚子電気鉄道に贈呈し、枕木を交換することができました。

今後も踏切の安全対策、車両の検査や更新、変電所の設備更新など存続に向けて、更なる資金集めが必要となってきます。また、テレビ朝日では『菊次郎とさき』、『点と線』をロケ地として起用されました。こうしたテレビのロケも貴重な収入源です。

ローカル線の危機的な状況を打破するため、いすみ鉄道とひたちなか海浜鉄道は社長を募集していました。

いすみ鉄道の社長については325人が応募。私もその1人だったのですが、落選しました。今後、2年で結果が出なければ、存続もあやういようです。

ひたちなか海浜鉄道は、茨城交通湊線が2008年3月31日(月曜日)に経営を手放すため、第3セクター鉄道会社を設立したもので、初代社長も43歳の男性に決まり、4月1日(火曜日)から再スタートをします(応募者数58人)。

紀州鉄道はわずか2700メートルの小さな鉄道で、日本では2番目に短い鉄道です。

和歌山県のローカル線は切り捨ての傾向が目立ち、和歌山電鐵貴志川線は唯一、存続した例ですが、既存車両を改装した『いちご電車』や『おもちゃ電車』が好評。更に貴志駅の駅長に猫を起用して、写真集が出るほどになるなど、和歌山電鐵の3本柱を確立しました。

一方、紀州鉄道はド派手なことができないらしく、和歌山からでも普通電車で1時間ほどかかることから、経営が厳しいようです。

存続に向けているところもあれば、断念するところもあります。

2008年3月31日(月曜日)で三木鉄道全線、島原鉄道は島原外港―加津佐間が姿を消すことになりました。

三木鉄道は2代目車両を投入して、存続に意欲を見せていましたが、経営の悪化により断念。島原鉄道は雲仙普賢岳の大噴火で大ピンチに立たされ、1度はそれを乗り越えることはできたものの、再び、その危機を突破することができませんでした。

そうなってしまうと、全国からレールファンが駆けつけ、乗る人もいます。ある鉄道では地元客よりもレールファンが9割ぐらい乗っていたところもあります。沿線でも三脚立てて、列車を撮るレールファンもいます。心に焼きつけたい一心だからですが、“いつもこうだったら、よかったのに”と歯がゆい思いをしているのは私だけではないでしょう。

今後、ローカル線は“観光地”として、クローズアップされ、黒字になることを願っています。すべての鉄道が黒字であってこそ、本当のブームなのです。

皆様も日本の鉄道完全制覇にチャレンジしてみませんか? 但し、達成しても表彰されないことを御承知おきください。

まとめ

Photo by 岸田法眼

くれぐれも無理をせず、自然体で臨んでください。また、青春18きっぷは1日2,300円で普通列車(快速等を含む)の普通車自由席が乗り放題です。また、普通車指定席及び普通列車用グリーン車自由席は料金を払えば、乗車することができますので、素敵なを旅を満喫してください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

68

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
岸田法眼

こんにちは、私はレイルウェイ・ライターの岸田です。月にどのくらい寄稿できるかはわかりませんが、旅行関係を中心に展開してまいります。どうぞよろしくお願いいた...

必要なもの

時刻表、きっぷ、お金など。

Middle p1330531okguide