更新日: 2011-06-10 11:33:51

ウォシュレットのカンタン節電

著者: うのっち

編集者: うのっち

閲覧数: 1671

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Ironchefbalara

電力不足で節電が叫ばれているけど、ズボラな自分に小まめな節電なんてムリ!と思っているみなさん。カンタンな仕組みが長続きできる秘訣です。

STEP1 ウォシュレットの待機電力がどれくらいなのかを知る。

ウォシュレット通常モード:7W~32W、節電モード:2W
パソコン:2W
テレビ:1W
FAX付き電話機:3W
ガビ~ン!冬に温便座のままにしていたら、すごい電気のムダだったんですね!

STEP2 スイッチ付き電源タップを手に入れる。

ネットショップで数百円で買えます。
壁のコンセントが手に届く位置にあるなら、コードなしタイプがすっきりしておススメです。

STEP3

Photo by うのっち

ウォシュレットの電源に、スイッチ付き電源タップを取り付ける。
タップを家の壁のコンセントに差し込み、
そこにウォシュレットのコンセントを差し込むだけです。
カチッ!カチッ!これでOK!

STEP4

Photo by うのっち

電源の入切がパイロットランプで確認できるタイプだと、一目でわかって便利です。お出かけ前に。パッと見るだけでわかります。

STEP5

Photo by うのっち

トイレを使わない時間、たとえば出かけている間や夜中などに、スイッチを落とすだけ。ウォシュ君、ゆっくりしててネ。

STEP6

カンタンなのが、長続きの秘訣です。電源コンセントを引っ張らないので、電線も傷まなくていいですね。

まとめ

節電のコツは、小まめに電源入切することですが、手間がかかると長続きしません。カンタンにスイッチの入切できる仕組みが、ズボラな人でも節電を続けられる秘訣です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

スイッチ付き電源タップ