更新日: 2011-07-19 15:47:37

しっぽでわかる 猫の気持ち

著者: あぺ子

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 2802

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by suzumiyaharuka

怒っているのは分かるけれど、ぱたつかせたり、ふりふりしたりしている場合はなにをかんがえているの?

STEP1 ■まっすぐにしっぽを立てて近寄って来る

甘えたい時に多いです。猫が安心している証拠。しっぽをまっすぐ上に向けて立てることで、おしりのにおいをかぎやすくなる(猫が他の猫のおしりのにおいをかぐのは挨拶みたいな行為!)ので、その人に心を開いている証拠です。


しっぽを立てて近寄って来た際にしっぽを絡ませてきた場合は「これは私のお気に入り!」という意味で自分のにおいをつけているか、「このニオイ嫌い」という意味で自分のニオイをつけているかのどちらかです。飼い主さんに対してしっぽを絡ませる場合は大抵「お気に入り」の意味と捉えていいでしょう。

STEP2 ■話しかけたときにさきっちょをパタパタさせる。

「きこえてるけど今構われたくないんだよねー」というのを、しっぽで返事しています。しかし、機嫌が悪い訳ではなく、気分はそこそこだけれど気分じゃないの。という意味です。寝ている時に話しかけてパタパタさせるのも「ちゃんときこえてるよ〜」という意味ですが、眠いから寝かせてくれ〜という感じでしょう。

STEP3 ■外や天井を見て、力んだようにさきっちょがピピッとうごく

虫や鳥など、獲物をみつけたときの行動です。集中しています。

STEP4 ■しっぽ全体を大きめにゆさゆさゆらす

構われたくない証拠です。触った時などにしっぽを大きくゆらしたら「触らないで」とか「そこは触って欲しくない」という意味です。だっこの時にしっぽをおおきく動かすのも抱かれたくないという合図。そんなときはそっとしておいてあげましょう。すぐにまた甘えてきます。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
あぺ子

日常で感じたこと、思いついたこと、きいたことを、他の方にも使っていただければいいなぁと書かせていただきます☆