更新日: 2011-08-01 17:49:47

自動車保険の負担を軽くする方法とは!?

著者: love-syoko

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 590

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kawanet

車をもっている限り、絶対に加入が必要な「自動車保険」。その掛け金の負担を軽くする方法をご紹介します。

STEP1

まず、保険の意味を考えましょう。万一のとき、自分で負担できないから加入するのですね。ですから「保障内容を削る」という考え方をリセットしてください。
「車両特約」をつける場合は、車の型式・仕様などを参考に、可能な限り大きい保障に入りましょう。また、掛け金は割高ですが「免責ゼロ特約」がお勧めです。

STEP2

「年齢担保特約」は家族構成にもよりますが、新たに運転免許を取得した子どもさんやお孫さんがいる家庭では、その子が運転することも考えて「全年齢」に設定しておきましょう。

STEP3 そして、ここからが本題です。

自動車保険の掛け金負担を軽くする究極の方法とは、24カ月契約の保険に加入することです。
「車検」と「自動車保険」の支払い年がかぶらないようにすることで、必要経費の軽減ができます。

まとめ

私は、「車検」と「自動車保険」の費用をかぶらないようにする方法で、ずいぶん助かってきました。ちなみに、現在乗っている車は「車検」と「自動車保険」の支払い年がいっしょになってしまい、ちょっと後悔しています。

自動車保険の24カ月契約の有無については、加入先の保険会社にお問い合わせください。
もし、24カ月契約がなくても、「車検」や「自動車保険」の支払いに合わせて、定期積立をすればいいのですから、毎月積み立てていくお金にはそれほど影響はないと思います。

「車両特約」をつけるとき「免責ゼロ」に設定するのは、「当て逃げ」に遭った場合の修理費用に対応するためです。私は、2回も当て逃げされましたが、修理代全額が保険金から降りてほんとうに助かりました。

参照  まとまった出費に備える計画的な方法とは!?
http://okguide.okwave.jp/guides/5543

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

49

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

ちょっとした発想の転換